小平の米ツアーV支援 姉さん女房ミポリンの“あげまん”ぶり

公開日: 更新日:

 テレビ解説の仕事でマスターズから一足先に帰国し、日本から応援した古閑美保(35)の存在も大きかったはずだ。

 小平智(28)が米ツアー「RBCヘリテージ」で日本人男子5人目の初優勝を遂げた。それも、「ゴルフの話になるとケンカになる」(古閑)と、何でもズケズケと口にする姉さん女房の叱咤があったからだ。

 小平は昨年の日本ツアー最終戦時点ではマスターズに出場できる世界ランク49位につけていた。ところが暮れの挙式準備の慌ただしさもあって、エントリーしていたインドネシアン・マスターズを直前に欠場。年内ランクは51位に落ちてマスターズ出場権を逃してしまった。すると「何やってんだ」とばかりに関係者からの批判が大きくなった。

 しかし古閑美保は諦めず、「アンタならできる」「世界で戦う強い男が好き」と年下亭主のケツをたたき続けた。その甲斐あって直前までに世界ランクを上げて初のマスターズ出場を果たすと、本大会は28位と大健闘。自らは、パー3コンテストでバッグを担ぎ、大会期間中はロープ際を付き添うように歩き「ナイスパット」「ナイスバーディー」と大声でエールを送り続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    可能性のドア解放 氷川きよしは自分の性分をさらけ出す

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

  10. 10

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

もっと見る