小平の米ツアーV支援 姉さん女房ミポリンの“あげまん”ぶり

公開日: 更新日:

 テレビ解説の仕事でマスターズから一足先に帰国し、日本から応援した古閑美保(35)の存在も大きかったはずだ。

 小平智(28)が米ツアー「RBCヘリテージ」で日本人男子5人目の初優勝を遂げた。それも、「ゴルフの話になるとケンカになる」(古閑)と、何でもズケズケと口にする姉さん女房の叱咤があったからだ。

 小平は昨年の日本ツアー最終戦時点ではマスターズに出場できる世界ランク49位につけていた。ところが暮れの挙式準備の慌ただしさもあって、エントリーしていたインドネシアン・マスターズを直前に欠場。年内ランクは51位に落ちてマスターズ出場権を逃してしまった。すると「何やってんだ」とばかりに関係者からの批判が大きくなった。

 しかし古閑美保は諦めず、「アンタならできる」「世界で戦う強い男が好き」と年下亭主のケツをたたき続けた。その甲斐あって直前までに世界ランクを上げて初のマスターズ出場を果たすと、本大会は28位と大健闘。自らは、パー3コンテストでバッグを担ぎ、大会期間中はロープ際を付き添うように歩き「ナイスパット」「ナイスバーディー」と大声でエールを送り続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る