打席入るたびブーイング…大谷が背負うマリナーズとの遺恨

公開日: 更新日:

 日本時間5日、今季初めてエンゼルスの大谷翔平を本拠地のシアトルに迎えたマリナーズファンの反応はシビアだった。

 大谷が打席に入るたびにスタンドからブーイングを浴びせたのはもっともで、大谷とマリナーズの間には因縁というか遺恨がある。

 昨オフ、ポスティングシステムでメジャー挑戦する大谷に対し、獲得の意思表示をしたのは27球団。そのうち本人との面談にこぎつけたのは7球団で、そこにはマリナーズも含まれていた。

 しかも12月7日(日本時間8日)にはトレードを断行。大谷獲得に使える契約金の枠を7球団中最大の約4億2000万円までわざわざ増やしたものの、トレード翌日の8日、エンゼルス入りが明らかに。最後の攻勢をかけながら、同地区のライバル球団にさらわれたとあって、全国紙のUSAトゥデーには「一番の敗者」と書かれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る