打席入るたびブーイング…大谷が背負うマリナーズとの遺恨

公開日: 更新日:

 日本時間5日、今季初めてエンゼルスの大谷翔平を本拠地のシアトルに迎えたマリナーズファンの反応はシビアだった。

 大谷が打席に入るたびにスタンドからブーイングを浴びせたのはもっともで、大谷とマリナーズの間には因縁というか遺恨がある。

 昨オフ、ポスティングシステムでメジャー挑戦する大谷に対し、獲得の意思表示をしたのは27球団。そのうち本人との面談にこぎつけたのは7球団で、そこにはマリナーズも含まれていた。

 しかも12月7日(日本時間8日)にはトレードを断行。大谷獲得に使える契約金の枠を7球団中最大の約4億2000万円までわざわざ増やしたものの、トレード翌日の8日、エンゼルス入りが明らかに。最後の攻勢をかけながら、同地区のライバル球団にさらわれたとあって、全国紙のUSAトゥデーには「一番の敗者」と書かれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る