打席入るたびブーイング…大谷が背負うマリナーズとの遺恨

公開日:

 日本時間5日、今季初めてエンゼルスの大谷翔平を本拠地のシアトルに迎えたマリナーズファンの反応はシビアだった。

 大谷が打席に入るたびにスタンドからブーイングを浴びせたのはもっともで、大谷とマリナーズの間には因縁というか遺恨がある。

 昨オフ、ポスティングシステムでメジャー挑戦する大谷に対し、獲得の意思表示をしたのは27球団。そのうち本人との面談にこぎつけたのは7球団で、そこにはマリナーズも含まれていた。

 しかも12月7日(日本時間8日)にはトレードを断行。大谷獲得に使える契約金の枠を7球団中最大の約4億2000万円までわざわざ増やしたものの、トレード翌日の8日、エンゼルス入りが明らかに。最後の攻勢をかけながら、同地区のライバル球団にさらわれたとあって、全国紙のUSAトゥデーには「一番の敗者」と書かれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る