異例契約のイチロー 来季プレーイングマネジャーの可能性

公開日:

 希代の安打製造機が予想外のフロント入りだ。

 マリナーズは3日(日本時間4日)、歴代21位の3089安打を放っているイチロー(44)が、メジャー出場の前提となる40人枠を外れ、会長付特別補佐に就任したと発表。今季の残り試合はプレーせず、チームに帯同して練習を続けながら、首脳陣や選手をサポートする。

 ジェリー・ディポトGMによれば、当初からキャンプ中に離脱した故障者が復帰する5月中旬にはイチローの処遇を決める方針だったという。

 同GMは「試合中は打撃ケージやビデオルームで選手たちに助言できる状況にしていきたい。みんなが教えを請うという意味で、彼はダライ・ラマのような存在だ。前例のない役割だが、彼はこれまで誰もやっていないことをしてきた」と期待を口にした。

 今季のイチローは15試合に出場し、44打数9安打の打率2割5厘と低迷。マリナーズが開幕からわずか1カ月で「配置転換」したのは、選手として見切りを付けたからに他ならない。一方で、次期監督の有力候補と位置付けているとの声もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る