イチローは否定も…マリナーズとの生涯契約は“事実上引退”

公開日: 更新日:

 米大リーグのシアトル・マリナーズは3日(日本時間4日)、イチロー(44)が球団の特別アドバイザーに就任し、今季の残り試合には出場しないと発表した。マリナーズとは生涯契約を結び、チームに同行して自身も練習しながら、若手選手をサポートするという。来季以降の試合出場の可能性を残しているが、事実上の引退である。

 イチローは日本時間の4日午前8時前から10分間、記者会見を行い、心情を語った。

 ユニホーム姿で記者団の前に姿を現したイチローは、球団から“現役続行”が可能な形のオファーをされたことを感謝した。さらに「ゲームには出られないが終わりではない」と語った。また自分は野球に関する研究者であり、どんな状況でもトレーニングを続け、「今、44歳だが今後アスリートとして自分がどうなるか見てみたい」と求道者の一面をのぞかせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  9. 9

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る