• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

当時を知るエ軍指揮官 大谷に「バレンズエラ2世」の予感

「彼が活躍したときのような騒ぎになるかもしれない」

 エンゼルスのソーシア監督が、大谷についてこう言ったという。「彼」とはかつて、ドジャースで華々しいデビューを飾った左腕フェルナンド・バレンズエラのことだ。

 メキシコ出身。実質メジャー1年目の1981年、開幕戦で完封勝利を挙げると開幕8連勝。シーズンを13勝7敗、8完封でチームをプレーオフに導くと、ヤンキースとのワールドシリーズも制覇。新人王とサイ・ヤング賞を同時受賞して、チームの世界一に貢献した。

 ソーシア監督はちょうどこの年、ドジャースの正捕手に。本拠地ロサンゼルスはもちろん、全米を熱狂の渦に巻き込んだバレンズエラの活躍に最も身近で接していたその人が、大谷フィーバーは当時の騒ぎに匹敵するかもしれないとみているのだ。


 エンゼルスはオフに野手を補強。打線は強力になったものの、投手陣が不安視されていた。昨年のワールドシリーズを制した同地区のアストロズに大きく水をあけられるとみられていた。が、今回の直接対決3連戦を勝ち越し、25日現在、アストロズから0・5ゲーム差の地区2位にいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る