当時を知るエ軍指揮官 大谷に「バレンズエラ2世」の予感

公開日:

「彼が活躍したときのような騒ぎになるかもしれない」

 エンゼルスのソーシア監督が、大谷についてこう言ったという。「彼」とはかつて、ドジャースで華々しいデビューを飾った左腕フェルナンド・バレンズエラのことだ。

 メキシコ出身。実質メジャー1年目の1981年、開幕戦で完封勝利を挙げると開幕8連勝。シーズンを13勝7敗、8完封でチームをプレーオフに導くと、ヤンキースとのワールドシリーズも制覇。新人王とサイ・ヤング賞を同時受賞して、チームの世界一に貢献した。

 ソーシア監督はちょうどこの年、ドジャースの正捕手に。本拠地ロサンゼルスはもちろん、全米を熱狂の渦に巻き込んだバレンズエラの活躍に最も身近で接していたその人が、大谷フィーバーは当時の騒ぎに匹敵するかもしれないとみているのだ。


 エンゼルスはオフに野手を補強。打線は強力になったものの、投手陣が不安視されていた。昨年のワールドシリーズを制した同地区のアストロズに大きく水をあけられるとみられていた。が、今回の直接対決3連戦を勝ち越し、25日現在、アストロズから0・5ゲーム差の地区2位にいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

  10. 10

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

もっと見る