当時を知るエ軍指揮官 大谷に「バレンズエラ2世」の予感

公開日: 更新日:

「彼が活躍したときのような騒ぎになるかもしれない」

 エンゼルスのソーシア監督が、大谷についてこう言ったという。「彼」とはかつて、ドジャースで華々しいデビューを飾った左腕フェルナンド・バレンズエラのことだ。

 メキシコ出身。実質メジャー1年目の1981年、開幕戦で完封勝利を挙げると開幕8連勝。シーズンを13勝7敗、8完封でチームをプレーオフに導くと、ヤンキースとのワールドシリーズも制覇。新人王とサイ・ヤング賞を同時受賞して、チームの世界一に貢献した。

 ソーシア監督はちょうどこの年、ドジャースの正捕手に。本拠地ロサンゼルスはもちろん、全米を熱狂の渦に巻き込んだバレンズエラの活躍に最も身近で接していたその人が、大谷フィーバーは当時の騒ぎに匹敵するかもしれないとみているのだ。


 エンゼルスはオフに野手を補強。打線は強力になったものの、投手陣が不安視されていた。昨年のワールドシリーズを制した同地区のアストロズに大きく水をあけられるとみられていた。が、今回の直接対決3連戦を勝ち越し、25日現在、アストロズから0・5ゲーム差の地区2位にいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    “介護美談”もウソで離婚調停中 問われる小室哲哉の人間性

  3. 3

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  4. 4

    政治家への金は10億円 倉田まり子さんには申し訳なかった

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  7. 7

    NHK紅白“サプライズ”候補にあがる大物アーティストの名前

  8. 8

    チコちゃんに迫る?「突撃!カネオくん」田牧そらの人気

  9. 9

    “令和のみのもんた”と呼ばれ始め…坂上忍のギャラと不安

  10. 10

    1位は矢沢永吉の7万円 芸能人ディナーショー戦線異状アリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る