当時を知るエ軍指揮官 大谷に「バレンズエラ2世」の予感

公開日: 更新日:

「彼が活躍したときのような騒ぎになるかもしれない」

 エンゼルスのソーシア監督が、大谷についてこう言ったという。「彼」とはかつて、ドジャースで華々しいデビューを飾った左腕フェルナンド・バレンズエラのことだ。

 メキシコ出身。実質メジャー1年目の1981年、開幕戦で完封勝利を挙げると開幕8連勝。シーズンを13勝7敗、8完封でチームをプレーオフに導くと、ヤンキースとのワールドシリーズも制覇。新人王とサイ・ヤング賞を同時受賞して、チームの世界一に貢献した。

 ソーシア監督はちょうどこの年、ドジャースの正捕手に。本拠地ロサンゼルスはもちろん、全米を熱狂の渦に巻き込んだバレンズエラの活躍に最も身近で接していたその人が、大谷フィーバーは当時の騒ぎに匹敵するかもしれないとみているのだ。


 エンゼルスはオフに野手を補強。打線は強力になったものの、投手陣が不安視されていた。昨年のワールドシリーズを制した同地区のアストロズに大きく水をあけられるとみられていた。が、今回の直接対決3連戦を勝ち越し、25日現在、アストロズから0・5ゲーム差の地区2位にいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ジャニー喜多川氏のタイプはタッキー、東山、中居に分類

  2. 2

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    二階堂ふみ“争奪戦”勃発…紅白での異能ぶりで評価爆上がり

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    吉村府知事また出たドヤ顔“妄言”「陽性者と感染者は違う」

  7. 7

    トランプ「有罪」へ秒読み開始 共和党議員から20人造反か

  8. 8

    再エネで「嘘」を…英国政府を“激怒”させた経産省の大失態

  9. 9

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  10. 10

    歌も踊りもやらないジャニー氏が踊るように指示できた理由

もっと見る