全米ファンが注目 大谷「米球宴でも二刀流」の可能性は?

公開日:

 大リーグのオールスター(7月17日=ワシントン)のファン投票が5月1日(日本時間同2日)から始まる。

 昨年、出場選手の選出に関する規定が変更され、野手は従来通りファン投票で決められるが、投手はそれまでの監督推薦から大リーグ機構が選んだ選手が出場する。今年の球宴では選出をめぐって話題の中心になりそうなのがエンゼルス・大谷翔平(23)だ。

 24日は、昨季世界一のアストロズ打線を相手に5回3分の1を6安打4失点。メジャー最速となる163キロを記録しながら、2番手のリリーフ投手が逆転弾を浴びて白星を逃した。ここまで4試合(計20回3分の1)に登板し、2勝1敗、防御率4.43。「DH」として10試合で41打数14安打の打率3割4分1厘、3本塁打、11打点と快音を響かせている。

 投打ともレベルの高いプレーを披露する二刀流の注目度は抜群。本拠地アナハイムはもちろん、敵地のファンからもサインを求められている。他球団の選手も大谷には興味津々で、相手選手がベンチから試合前のフリー打撃を観察しているほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る