全米ファンが注目 大谷「米球宴でも二刀流」の可能性は?

公開日:

 大リーグのオールスター(7月17日=ワシントン)のファン投票が5月1日(日本時間同2日)から始まる。

 昨年、出場選手の選出に関する規定が変更され、野手は従来通りファン投票で決められるが、投手はそれまでの監督推薦から大リーグ機構が選んだ選手が出場する。今年の球宴では選出をめぐって話題の中心になりそうなのがエンゼルス・大谷翔平(23)だ。

 24日は、昨季世界一のアストロズ打線を相手に5回3分の1を6安打4失点。メジャー最速となる163キロを記録しながら、2番手のリリーフ投手が逆転弾を浴びて白星を逃した。ここまで4試合(計20回3分の1)に登板し、2勝1敗、防御率4.43。「DH」として10試合で41打数14安打の打率3割4分1厘、3本塁打、11打点と快音を響かせている。

 投打ともレベルの高いプレーを披露する二刀流の注目度は抜群。本拠地アナハイムはもちろん、敵地のファンからもサインを求められている。他球団の選手も大谷には興味津々で、相手選手がベンチから試合前のフリー打撃を観察しているほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  4. 4

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  8. 8

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  9. 9

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る