• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

移籍後初勝利も…中日松坂の完全復調は「の」ができてから

 教え子の中日・松坂大輔が4月30日に移籍後初白星を挙げた。6回114球を投げ、3安打8四死球6奪三振1失点の内容だった。

 この登板前に日刊ゲンダイGW特別号の企画で松坂と対談した。そこで投球フォームの問題点をうるさく指摘した。勢いをつけるため、左肩を無理に内側へ入れたり、首を横に振る悪癖はなくなった。だが、右打者の内角高めに抜ける球がある。左肩を開くのが少し早いためだ。

 この状態で腕を速く振ろうとすると、抜ける球が増え、フォームに「タメ」がなくなる。「1、2の3」の「の」がなくなり、「1、2、3」のリズムとなってしまう。打者がタイミングを取りやすくなるのだ。対談時に松坂には「もっと重心を下げて投げられれば、常時145キロは出る」と言ったが、これができれば、「の」も自然とできてくる。

 メジャーの時からの習性か、今は球を動かして打ち取るスタイル。左打者にシュート系のツーシームを投げることがあるが、これがクセものだ。この球種は左肩を開いて右腕を遅らせて投げる。この投げ方が直球時に悪影響を及ぼすことがある。時折、右肘が下がるのもこれの影響だ。最近は巨人の菅野ら、ツーシームを投げる投手は多いが、効果があると同時に、「副作用」があることを忘れてはならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る