小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

移籍後初勝利も…中日松坂の完全復調は「の」ができてから

公開日: 更新日:

 教え子の中日松坂大輔が4月30日に移籍後初白星を挙げた。6回114球を投げ、3安打8四死球6奪三振1失点の内容だった。

 この登板前に日刊ゲンダイGW特別号の企画で松坂と対談した。そこで投球フォームの問題点をうるさく指摘した。勢いをつけるため、左肩を無理に内側へ入れたり、首を横に振る悪癖はなくなった。だが、右打者の内角高めに抜ける球がある。左肩を開くのが少し早いためだ。

 この状態で腕を速く振ろうとすると、抜ける球が増え、フォームに「タメ」がなくなる。「1、2の3」の「の」がなくなり、「1、2、3」のリズムとなってしまう。打者がタイミングを取りやすくなるのだ。対談時に松坂には「もっと重心を下げて投げられれば、常時145キロは出る」と言ったが、これができれば、「の」も自然とできてくる。

 メジャーの時からの習性か、今は球を動かして打ち取るスタイル。左打者にシュート系のツーシームを投げることがあるが、これがクセものだ。この球種は左肩を開いて右腕を遅らせて投げる。この投げ方が直球時に悪影響を及ぼすことがある。時折、右肘が下がるのもこれの影響だ。最近は巨人の菅野ら、ツーシームを投げる投手は多いが、効果があると同時に、「副作用」があることを忘れてはならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 2

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  3. 3

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  4. 4

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

  5. 5

    東京五輪入場行進にドラクエのテーマが…作曲家は”安倍応援団” 過去にはLGBT巡り物議醸す発言

  6. 6

    五輪スタッフ、メディア関係者に「インチキ陰性判定」乱発か?検査スリ抜けこんなに簡単

  7. 7

    山崎育三郎“離婚”に高い壁 安倍なつみ復帰でざわつくメディア、本当の異変は?

  8. 8

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  9. 9

    コカ・コーラ社以外は持ち込むな!五輪サッカー観戦で鹿嶋市の小中学生に要望したのは誰だ?

  10. 10

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

もっと見る