• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

貧打の中日に光明? 森監督が期待する松坂の「二刀流」

 27日、中日が熱田神宮で必勝祈願。森監督は5年連続Bクラスからの脱却とともに、松坂大輔(37)の活躍も願ったに違いない。期待するのは、投球と客寄せだけではない。

「(松坂は)打撃で取ったんだ」

 春季キャンプ中、森監督が放った冗談には切実な本音が垣間見える。

 投手の本職はあくまでピッチング。リーグ5位に沈むチーム防御率(4・05)改善が急務といえるが、中日は昨季、チーム打率(・247)、得点(487)がリーグ5位。出塁率同ワースト(・300)、四球数同最少(320)。同最低打率(・062)だった投手陣のバットも軽視できないのだ。

 評論家の山崎裕之氏はこう言う。

「ケース・バイ・ケースですが、僅差の試合展開で投手が簡単に見逃したり3ストライクでベンチへ下がるのは残念。ボールに当たれば何か起こるかもしれない。投手も自分が打てば楽な展開になる。野手心理としたら、打つ気満々で打席に入ってくる投手は嫌なもの。味方からすれば心強いし、刺激にもなる。かつて桑田(真澄=元巨人)はバットを短く持って、絶対にヒットを打ってやろうという気迫が伝わってきましたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

  10. 10

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

もっと見る