貧打の中日に光明? 森監督が期待する松坂の「二刀流」

公開日: 更新日:

 27日、中日が熱田神宮で必勝祈願。森監督は5年連続Bクラスからの脱却とともに、松坂大輔(37)の活躍も願ったに違いない。期待するのは、投球と客寄せだけではない。

「(松坂は)打撃で取ったんだ」

 春季キャンプ中、森監督が放った冗談には切実な本音が垣間見える。

 投手の本職はあくまでピッチング。リーグ5位に沈むチーム防御率(4・05)改善が急務といえるが、中日は昨季、チーム打率(・247)、得点(487)がリーグ5位。出塁率同ワースト(・300)、四球数同最少(320)。同最低打率(・062)だった投手陣のバットも軽視できないのだ。

 評論家の山崎裕之氏はこう言う。

「ケース・バイ・ケースですが、僅差の試合展開で投手が簡単に見逃したり3ストライクでベンチへ下がるのは残念。ボールに当たれば何か起こるかもしれない。投手も自分が打てば楽な展開になる。野手心理としたら、打つ気満々で打席に入ってくる投手は嫌なもの。味方からすれば心強いし、刺激にもなる。かつて桑田(真澄=元巨人)はバットを短く持って、絶対にヒットを打ってやろうという気迫が伝わってきましたからね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    3.30「緊急事態宣言」発令で描く 国会休会の仰天シナリオ

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  4. 4

    4月からTBSアナ 野村萬斎の娘を待ち受けるお局軍団の洗礼

  5. 5

    佐藤健「恋つづ」“キュン攻め”LINE人気に見えた新たな鉱脈

  6. 6

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  7. 7

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  8. 8

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  9. 9

    客室稼働率15%も…ホテルの下方修正ラッシュが止まらない

  10. 10

    小泉今日子が「あいまいな自粛要請」で踏み切った舞台現場

もっと見る