クール西武ベンチの雰囲気豹変 原動力は4番・山川の“大声”

公開日: 更新日:

「どこか冷めたような、クールな雰囲気。『一生懸命なんてダサい』みたいな空気があった」

 昨季まで西武に在籍していたヤクルトの田代は、古巣ベンチの雰囲気についてこう言った。

 今年、その西武ベンチがやたらと“うるさい”。その「原動力」となっているのが、4番に座る山川穂高(26)だ。誰よりも大きな声を出してチームを鼓舞している。大声のルーツはあの「常勝軍団」にあった。山川が言う。

ソフトバンクと対戦すると、松田(宣浩)さん(34)の声にいつもビックリするんです。それだけ声は大きな力になるんだと思いました。それなら自分も出さなきゃと。(声出しに)年齢は関係ないってことですよね。僕としては自分のリズムもつくれるし、緊張もほぐれる。打席に入るときはいつも緊張しているんですよ。こう見えて意外と(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  2. 2

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  3. 3

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  6. 6

    自民党総裁選で乱発 「共通の価値観」を唱和するお笑い

  7. 7

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  8. 8

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    桜田淳子が合同結婚式出席 兄は「縁を切ったようなもの」

もっと見る