年俸首位もぶっちぎれず…SBが情けないのか日ハムが健闘か

公開日:

 羽振りがいいのは相変わらずだ。

 ソフトバンクが球団別平均年俸で3年連続1位の7826万円。最下位の日本ハムが2381万円だから、選手1人につき3倍強ももらっている計算になる。ちなみに15日の楽天戦で六回に勝ち越し打を放ったソフトバンク松田は、年俸4億円だ。

 両球団の5445万円差は調査開始以来最多とはいえ、それが成績に反映されているわけではない。15日現在、ソフトバンクと日本ハムはゲーム差なしの2位と3位だ。

 まだ、開幕から2カ月足らず。終わってみれば戦力の抜けているソフトバンクが、ぶっちぎりで優勝しても不思議ではない。だとすれば、最下位の日本ハムが健闘しているということか。

 年俸2億7000万円の大谷、2億2000万円の増井、1億円の谷元、5500万円の大野らが入札やFAやトレードで退団。田中賢介が1億2500万円、中田が8000万円の減俸となり、チームの平均がガクンと下がった。

 もっとも、トウの立ったベテランを放出、イキのよい若手を起用して活性化を図るのは、この球団の常套手段。それでいて過去12年間でリーグ優勝5回、Bクラスは3回しかない。経営面ではかなりの優良球団だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る