年俸首位もぶっちぎれず…SBが情けないのか日ハムが健闘か

公開日: 更新日:

 羽振りがいいのは相変わらずだ。

 ソフトバンクが球団別平均年俸で3年連続1位の7826万円。最下位の日本ハムが2381万円だから、選手1人につき3倍強ももらっている計算になる。ちなみに15日の楽天戦で六回に勝ち越し打を放ったソフトバンク松田は、年俸4億円だ。

 両球団の5445万円差は調査開始以来最多とはいえ、それが成績に反映されているわけではない。15日現在、ソフトバンクと日本ハムはゲーム差なしの2位と3位だ。

 まだ、開幕から2カ月足らず。終わってみれば戦力の抜けているソフトバンクが、ぶっちぎりで優勝しても不思議ではない。だとすれば、最下位の日本ハムが健闘しているということか。

 年俸2億7000万円の大谷、2億2000万円の増井、1億円の谷元、5500万円の大野らが入札やFAやトレードで退団。田中賢介が1億2500万円、中田が8000万円の減俸となり、チームの平均がガクンと下がった。

 もっとも、トウの立ったベテランを放出、イキのよい若手を起用して活性化を図るのは、この球団の常套手段。それでいて過去12年間でリーグ優勝5回、Bクラスは3回しかない。経営面ではかなりの優良球団だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    東山紀之は結婚報告会見で妻・木村佳乃の名を出さなかった

  3. 3

    巨人清武球団代表の怒声が響く「寄せ集めに負けやがって」

  4. 4

    英紙に漏らしたのは誰だ!「五輪中止決定」報道で犯人捜し

  5. 5

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  6. 6

    PCRを義務化し陽性者は即隔離…「伸晃モデル」を求める声

  7. 7

    「政治とカネ」問題かわす菅首相が10年前に言っていた正論

  8. 8

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  9. 9

    菅首相は逃げの一手 “8割おじさん”西浦氏の予算委出席拒否

  10. 10

    東京五輪いまだ「強行開催」は森・バッハ両会長と周辺だけ

もっと見る