日大は巨人のスポンサー アメフト問題で蜜月関係に暗雲

公開日: 更新日:

 日大アメフト部の蛮行問題は過熱する一方だが、実はプロ野球の巨人にも、知らん顔できない事情がある。

 日大が2016年3月から巨人のオフィシャルスポンサーになっていて、今季で3シーズン目に突入する付き合いなのだ。

 日大は16年4月に東京・世田谷区にスポーツ科学部を新設。来年19年に創立130周年を迎えることで、記念事業の一環として巨人とのタイアップを考えた。小山裕三学部長はこの時、「国民的なスポーツとして野球は一番人気。その中で最初にプロ野球で伝統を持ち、実績ある巨人とぜひにと思った」と理由を説明。さらに「スポーツ科学部は将来的には五輪でメダルを取る、プロで活躍することをにらんでの学部。その学生に日本のプロの最高峰を生で肌で感じてほしい」とスポンサーになるメリットを語っていた。

■継続するのか巨人に聞くと?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    厚生年金70歳以上義務化で日本は“ブラック国家”まっしぐら

  2. 2

    衆院補選10年ぶり敗戦濃厚で 甘利選対委員長に「責任論」

  3. 3

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  4. 4

    白鵬は厳罰不可避か 春場所の“三本締め”に八角理事長激怒

  5. 5

    杉並区議選応援で大混乱 杉田水脈議員に差別発言の“呪い”

  6. 6

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  7. 7

    投手陣崩壊…広島“沈没”は2年前のドラフトから始まった

  8. 8

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

  9. 9

    天海祐希「キントリ」が当たり役 テレ朝は“女王2人体制”に

  10. 10

    いい人アピール安倍首相“大聖堂お見舞い”プランのハタ迷惑

もっと見る