• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人来年は投手コーチだらけ? 肩叩きリストに大物ズラリ

 巨人の内海哲也(36)が10日の阪神戦で今季初登板初先発。六回途中2失点で今季初勝利を挙げた。斎藤雅樹(現一軍投手総合コーチ)に並ぶ14年連続勝利。「斎藤さんにはまだまだ及ばない」と恐縮した。

 プロ15年目の今季は新人時代の2004年以来、14年ぶりのキャンプ二軍スタート。開幕ローテも逃したが、二軍戦で防御率1・57と結果を残し、出番を待った。ここで思い出されるのは、FA組など二、三軍でくすぶっている投手たち。さる球界関係者がこう言うのだ。

「FA移籍7年目の杉内(俊哉=37)は、15年に受けた右股関節の手術から、今度は左肩の痛みに悩まされ、今年は実戦登板できていない。昨オフ、同じ年の村田が『若返り』のために自由契約となったが、杉内は鹿取GMに1年間の猶予をもらっている。もう待ったなしの状況です」


 左のセットアッパーとして期待された同2年目の森福允彦(31)は、10日現在、二軍戦の防御率は1・93。が、今季は一度も一軍に呼ばれていない。一軍に左のリリーフは中川しかいないのに、である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  7. 7

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る