巨人来年は投手コーチだらけ? 肩叩きリストに大物ズラリ

公開日:

 巨人の内海哲也(36)が10日の阪神戦で今季初登板初先発。六回途中2失点で今季初勝利を挙げた。斎藤雅樹(現一軍投手総合コーチ)に並ぶ14年連続勝利。「斎藤さんにはまだまだ及ばない」と恐縮した。

 プロ15年目の今季は新人時代の2004年以来、14年ぶりのキャンプ二軍スタート。開幕ローテも逃したが、二軍戦で防御率1・57と結果を残し、出番を待った。ここで思い出されるのは、FA組など二、三軍でくすぶっている投手たち。さる球界関係者がこう言うのだ。

「FA移籍7年目の杉内(俊哉=37)は、15年に受けた右股関節の手術から、今度は左肩の痛みに悩まされ、今年は実戦登板できていない。昨オフ、同じ年の村田が『若返り』のために自由契約となったが、杉内は鹿取GMに1年間の猶予をもらっている。もう待ったなしの状況です」


 左のセットアッパーとして期待された同2年目の森福允彦(31)は、10日現在、二軍戦の防御率は1・93。が、今季は一度も一軍に呼ばれていない。一軍に左のリリーフは中川しかいないのに、である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  5. 5

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  10. 10

    移民法、水道民営化…2つの悪法に共通する“竹中平蔵利権”

もっと見る