苦虫の西野監督に…ラモス瑠偉ビーチ監督激励の効果は?

公開日:

 ロシアW杯を見据えて30日に壮行試合ガーナ戦が控えている日本代表。

 25日に合宿5日目を迎えたが、西野代表監督の表情は冴えない。ケガ人が続出しているからだ。右足首痛のFW岡崎と右太もも痛のFW乾は別メニュー調整。Jリーグの試合中に頚椎捻挫のGK中村はランニング中心だったし、顔面を骨折したGK東口はフェースガードを着けて練習に参加した。31日のW杯メンバー23人の発表まで「あと6日」。他の選手を追加招集するのか? それとも岡崎と乾の回復を信じて待つか? 練習終了後に「チーム全体のコンディションは想像以上に悪い」とコメントした西野監督は、ベストなタイミングでスパッと決断できるのか? 周囲もヤキモキしているところだ。

 この日、ビーチサッカー日本代表のラモス監督が練習会場を訪れ、西野監督に「チーム一丸となって頑張ってほしい」とエールを送ると終始、苦虫を噛みつぶしたような顔だった指揮官に笑みがこぼれた。ラモス監督の激励が気分転換になればいいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  10. 10

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

もっと見る