苦虫の西野監督に…ラモス瑠偉ビーチ監督激励の効果は?

公開日: 更新日:

 ロシアW杯を見据えて30日に壮行試合ガーナ戦が控えている日本代表。

 25日に合宿5日目を迎えたが、西野代表監督の表情は冴えない。ケガ人が続出しているからだ。右足首痛のFW岡崎と右太もも痛のFW乾は別メニュー調整。Jリーグの試合中に頚椎捻挫のGK中村はランニング中心だったし、顔面を骨折したGK東口はフェースガードを着けて練習に参加した。31日のW杯メンバー23人の発表まで「あと6日」。他の選手を追加招集するのか? それとも岡崎と乾の回復を信じて待つか? 練習終了後に「チーム全体のコンディションは想像以上に悪い」とコメントした西野監督は、ベストなタイミングでスパッと決断できるのか? 周囲もヤキモキしているところだ。

 この日、ビーチサッカー日本代表のラモス監督が練習会場を訪れ、西野監督に「チーム一丸となって頑張ってほしい」とエールを送ると終始、苦虫を噛みつぶしたような顔だった指揮官に笑みがこぼれた。ラモス監督の激励が気分転換になればいいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る