苦虫の西野監督に…ラモス瑠偉ビーチ監督激励の効果は?

公開日:

 ロシアW杯を見据えて30日に壮行試合ガーナ戦が控えている日本代表。

 25日に合宿5日目を迎えたが、西野代表監督の表情は冴えない。ケガ人が続出しているからだ。右足首痛のFW岡崎と右太もも痛のFW乾は別メニュー調整。Jリーグの試合中に頚椎捻挫のGK中村はランニング中心だったし、顔面を骨折したGK東口はフェースガードを着けて練習に参加した。31日のW杯メンバー23人の発表まで「あと6日」。他の選手を追加招集するのか? それとも岡崎と乾の回復を信じて待つか? 練習終了後に「チーム全体のコンディションは想像以上に悪い」とコメントした西野監督は、ベストなタイミングでスパッと決断できるのか? 周囲もヤキモキしているところだ。

 この日、ビーチサッカー日本代表のラモス監督が練習会場を訪れ、西野監督に「チーム一丸となって頑張ってほしい」とエールを送ると終始、苦虫を噛みつぶしたような顔だった指揮官に笑みがこぼれた。ラモス監督の激励が気分転換になればいいが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る