大谷と初対決の田中が6勝目 奪った2K「良い配球だった」

公開日:

 エンゼルス大谷翔平とヤンキース田中将大の初対決(日本時間28日)は、田中が要所を締め、6回を1本塁打含む3安打1失点、8奪三振で6勝目(2敗)をマーク、ヤンキースが3対1で勝利した。

 この日の田中はキレのある直球と低めへの変化球を投げ分ける丁寧な投球でエンゼルス打線につけ入る隙を与えなかった。

 象徴的だったのは前日、キャリアハイの5打数5安打を放った2番トラウトに対する投球だった。初回、スプリットでカウントを稼ぎ、9球粘られながらも最後は151キロの内角高めの直球でバットに空を切らせた。その後の打席でもメジャーを代表する強打者を翻弄し、六回には簡単に2ストライクと追い込み、切れのあるスプリットで見逃し三振に仕留めた。3番シモンズにこそ一発を許したが、大谷、バルブエナの4、5番を無安打に封じ、マウンドを譲った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る