大谷と初対決の田中が6勝目 奪った2K「良い配球だった」

公開日: 更新日:

 エンゼルス大谷翔平とヤンキース田中将大の初対決(日本時間28日)は、田中が要所を締め、6回を1本塁打含む3安打1失点、8奪三振で6勝目(2敗)をマーク、ヤンキースが3対1で勝利した。

 この日の田中はキレのある直球と低めへの変化球を投げ分ける丁寧な投球でエンゼルス打線につけ入る隙を与えなかった。

 象徴的だったのは前日、キャリアハイの5打数5安打を放った2番トラウトに対する投球だった。初回、スプリットでカウントを稼ぎ、9球粘られながらも最後は151キロの内角高めの直球でバットに空を切らせた。その後の打席でもメジャーを代表する強打者を翻弄し、六回には簡単に2ストライクと追い込み、切れのあるスプリットで見逃し三振に仕留めた。3番シモンズにこそ一発を許したが、大谷、バルブエナの4、5番を無安打に封じ、マウンドを譲った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  5. 5

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  6. 6

    会長の「終身雇用守れぬ」発言に隠された経団連の“本音”

  7. 7

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  8. 8

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  9. 9

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

  10. 10

    先物が最高値 GW10連休を襲うガソリン髙と値上げラッシュ

もっと見る