大谷球宴HRダービーへの条件は因縁NYでの“スタントン超え”

公開日:

 エンゼルス・大谷翔平(23)が、ついにニューヨークに足を踏み入れた。

 25日(日本時間26日)のヤンキース戦は「5番・DH」でスタメン出場したものの3打数ヒットなし。3試合ぶりに無安打に終わった。チームも1-2で敗れた。

 当初、予定していた第3戦(27日)での田中将大(29)との投げ合いはなくなり、今回は打者として対する。左打者に有利なヤンキースタジアムだけに、田中から特大の一発を放つ可能性もある。

 大谷は飛距離、打球速度とも昨季のナ・リーグ本塁打王(59本)で、今季はヤ軍の主砲であるスタントン(現在11本塁打)と比べても引けを取らない。ボールの動きなどを解析するMLBの「スタットキャスト」によれば、打球の平均速度はスタントンの152キロに対し、大谷は151キロと、わずか1キロ差だ。逆に平均飛距離では大谷(185・7フィート)はスタントン(181フィート)を上回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る