同じ試合で投打 大谷が望む“真の二刀流”は7月までお預けか

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(23)は、24日(日本時間25日)のブルージェイズ戦に「5番・DH」で出場し、2本の二塁打を放って3打数2安打2四球2得点。8戦ぶりのマルチで、チームの大勝に貢献した。

 打撃の調子は上向きだが、同一ゲームで投打にわたる活躍を披露するのは、しばらくお預けだ。

 大谷が先発マウンドに上がる試合で、打席に立つ機会は限定されるからだ。投手と打者の兼ね合いについて大谷は「同じ試合で投げて、打つのが理想。それが本当の二刀流だと思う」と話している。

 現状では投手として中6日でマウンドに上がり、登板日も含む前後の3日間以外にDHとして出場している。シーズンを通じてコンディションを維持し、最高のパフォーマンスを発揮させたい球団の配慮からだが、ここにきて打者としての大谷を温存する余裕がなくなってきたのも事実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る