同じ試合で投打 大谷が望む“真の二刀流”は7月までお預けか

公開日: 更新日:

 エンゼルス・大谷翔平(23)は、24日(日本時間25日)のブルージェイズ戦に「5番・DH」で出場し、2本の二塁打を放って3打数2安打2四球2得点。8戦ぶりのマルチで、チームの大勝に貢献した。

 打撃の調子は上向きだが、同一ゲームで投打にわたる活躍を披露するのは、しばらくお預けだ。

 大谷が先発マウンドに上がる試合で、打席に立つ機会は限定されるからだ。投手と打者の兼ね合いについて大谷は「同じ試合で投げて、打つのが理想。それが本当の二刀流だと思う」と話している。

 現状では投手として中6日でマウンドに上がり、登板日も含む前後の3日間以外にDHとして出場している。シーズンを通じてコンディションを維持し、最高のパフォーマンスを発揮させたい球団の配慮からだが、ここにきて打者としての大谷を温存する余裕がなくなってきたのも事実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  6. 6

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る