• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

同じ試合で投打 大谷が望む“真の二刀流”は7月までお預けか

 エンゼルス・大谷翔平(23)は、24日(日本時間25日)のブルージェイズ戦に「5番・DH」で出場し、2本の二塁打を放って3打数2安打2四球2得点。8戦ぶりのマルチで、チームの大勝に貢献した。

 打撃の調子は上向きだが、同一ゲームで投打にわたる活躍を披露するのは、しばらくお預けだ。

 大谷が先発マウンドに上がる試合で、打席に立つ機会は限定されるからだ。投手と打者の兼ね合いについて大谷は「同じ試合で投げて、打つのが理想。それが本当の二刀流だと思う」と話している。

 現状では投手として中6日でマウンドに上がり、登板日も含む前後の3日間以外にDHとして出場している。シーズンを通じてコンディションを維持し、最高のパフォーマンスを発揮させたい球団の配慮からだが、ここにきて打者としての大谷を温存する余裕がなくなってきたのも事実だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る