白米はドンブリ5杯をペロリ 巨人・岡本和真の“覚醒”の秘密

公開日: 更新日:

内野手・21歳・4年目

【育成計画】

 28日現在、打率.339(リーグ4位)、33打点(同4位タイ)、9本塁打(同5位)と大ブレーク。2016年から17年前半に巨人の二軍監督を務め、岡本を「二軍の4番」として育成した斎藤雅樹(現一軍投手総合)コーチが証言する。

「岡本を4番に育成?それ、俺じゃない。逆だよ。俺は4番にしなかったんだから。4番に固定したのは、(昨季後半に二軍監督を務めた)内田さん(現二軍打撃コーチ)。(自分は)基本的には実力主義で、打つ選手、調子のいい選手を入れる方針だった。試合には出したけど、4番で使った記憶はあまりない」

 斎藤コーチが続ける。

「練習熱心というタイプではないし、結構、甘いところもあった。正直なところ、このまま終わっちゃうんじゃないかと思ったこともありますよ。でも出てきた。一番いいのは練習をする体力があること。プロの世界では結局、これが一番大事なんです。さすがドラ1。やっぱりモノが違うってことでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  3. 3

    <1>管理職には“小池リスク”…誰もが潰され使い捨てられる

  4. 4

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  5. 5

    不正販売で処分の「かんぽ生命」が受け継いだ磯田イズム

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    新型コロナ直撃でもトヨタは黒字確保 利益はどう捻出した

もっと見る