白米はドンブリ5杯をペロリ 巨人・岡本和真の“覚醒”の秘密

公開日:

内野手・21歳・4年目

【育成計画】

 28日現在、打率.339(リーグ4位)、33打点(同4位タイ)、9本塁打(同5位)と大ブレーク。2016年から17年前半に巨人の二軍監督を務め、岡本を「二軍の4番」として育成した斎藤雅樹(現一軍投手総合)コーチが証言する。

「岡本を4番に育成?それ、俺じゃない。逆だよ。俺は4番にしなかったんだから。4番に固定したのは、(昨季後半に二軍監督を務めた)内田さん(現二軍打撃コーチ)。(自分は)基本的には実力主義で、打つ選手、調子のいい選手を入れる方針だった。試合には出したけど、4番で使った記憶はあまりない」

 斎藤コーチが続ける。

「練習熱心というタイプではないし、結構、甘いところもあった。正直なところ、このまま終わっちゃうんじゃないかと思ったこともありますよ。でも出てきた。一番いいのは練習をする体力があること。プロの世界では結局、これが一番大事なんです。さすがドラ1。やっぱりモノが違うってことでしょう」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る