岡本と吉川がレギュラーに G若手成長は松井秀喜氏の効果か

公開日: 更新日:

 若手が育たぬ現状を、39歳ベテラン阿部慎之助は昨年末のトークショーで、「暗黒時代」と称した。続けて、「ボクにオンブにダッコで、4番にいるようじゃダメ。“阿部さん、代打でいって”くらいじゃないと」と後進の台頭を切望していたが、その願いがかないそうな雰囲気になってきた。

 高卒4年目の岡本和真(21)が、オープン戦17試合で12球団トップの15打点。勝負強さに4本塁打とパワーも見せつけて阿部から開幕一塁の座を奪い取れば、大卒2年目の吉川尚輝(23)もオープン戦2位タイの4盗塁と自慢の足をアピールして二塁レギュラーのポジションを手中に収めた。

 これには、何事にも慎重な高橋由伸監督も、「若手を育て上げるというテーマを掲げ、少しずつですが、成果が表れているとは思う」と目を細めている。

 巨人という不毛の大地に突然、芽吹き始めた若葉。スポーツマスコミの間では、「ゴジラの影響力はやっぱり大きい。水をまき、肥料をやったのは間違いなく松井でしょう」ともっぱらである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村けんさん「笑いの美学」鉄道員で共演の高倉健も惚れた

  4. 4

    藤浪トレード急加速 コロナ感染契機に他球団が再調査開始

  5. 5

    立川志らくをバッサリ…“毒舌の先輩”たけしの批判に説得力

  6. 6

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  7. 7

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  8. 8

    月25万円の年金生活 2万円で大好きな遺跡や寺社仏閣巡り

  9. 9

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る