ポーカーフェイスに秘めた闘志 DeNA京山が背負う“父の夢”

公開日:

【救世主】

 開幕直前、DeNAは先発の今永、浜口、ウィーランドがコンディション不良で離脱。先発のコマ不足が深刻だった。そこに現れたのが、高卒2年目の京山将弥(19)だ。開幕3戦目(対ヤクルト)の先発に抜擢されると、5回1失点でプロ初登板初勝利。その後も好投を続けて3連勝し、チームの17年ぶりの8連勝に貢献した。4月25日の広島戦で炎上して二軍落ちとなったが、木塚投手コーチは「一度調整して、彼ならまたすぐに戻ってこられる」と信頼感は揺るがない。

【セルフコントロール】

 3勝目を挙げた直後、ラミレス監督は言った。

「信頼度は先発の中でトップ3といっても過言ではない。球種のコンビネーションがうまく、セルフコントロールもできる。ピンチでもパニックにならない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る