ポーカーフェイスに秘めた闘志 DeNA京山が背負う“父の夢”

公開日: 更新日:

【救世主】

 開幕直前、DeNAは先発の今永、浜口、ウィーランドがコンディション不良で離脱。先発のコマ不足が深刻だった。そこに現れたのが、高卒2年目の京山将弥(19)だ。開幕3戦目(対ヤクルト)の先発に抜擢されると、5回1失点でプロ初登板初勝利。その後も好投を続けて3連勝し、チームの17年ぶりの8連勝に貢献した。4月25日の広島戦で炎上して二軍落ちとなったが、木塚投手コーチは「一度調整して、彼ならまたすぐに戻ってこられる」と信頼感は揺るがない。

【セルフコントロール】

 3勝目を挙げた直後、ラミレス監督は言った。

「信頼度は先発の中でトップ3といっても過言ではない。球種のコンビネーションがうまく、セルフコントロールもできる。ピンチでもパニックにならない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    静岡で初確認の変異種は経路不明…首都圏・関西に蔓延危機

  2. 2

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  3. 3

    菅政権「同じ支援」の約束反故 黙殺される独自宣言16道県

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    マシソンは「球威と角度」以外は欠点だらけの投手だった

  6. 6

    ウイルスでも細菌でもない がんリスクの最大の要素は食事

  7. 7

    オリラジ吉本退社の明暗…藤森のタナボタはいつまで続く?

  8. 8

    近藤春菜「スッキリ」卒業後は婚活?厳格に育ったお嬢さん

  9. 9

    春菜と友近が個室会食情報…“反”吉本芸人「集結」の狙いは

  10. 10

    第3戦の朝、原監督は顔を合わすなり「一塁は誰がいい?」

もっと見る