外野挑戦でブレーク 西武外崎修汰は“決めゼリフ”が愛称に

公開日:

内野手・4年目・25歳

【初体験】

 正遊撃手候補と評価されてプロ入りしたが、昨季のブレークは外野手として。135試合に出場し、打率.258、10本塁打、48打点、23盗塁の好成績を残した。本人に聞くと、意外にも「実はアマチュア時代、外野をやったことは一度もなかったんです」と言う。

「外野を守ったのはプロで初ですね。言われたときは驚きました。でも、出場機会を増やすためにも挑戦したい、と」

 守備に関してはまったくの素人が今や外野のレギュラーなのだから、人生とは、いや、野球とはわからないものだ。

「外野は正面の打球の遠近感が難しいですね。多少左右にズレていたら、打球のスピードとかで落下点の予測はつくんですけど、正面だと詰まった打球なのか、伸びているのかがわかりにくい。まだ迷うことはあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る