4連敗&借金1で交流戦へ…巨人によぎる昨季13連敗の悪夢

公開日:  更新日:

「外角が多いですね。もっと内角を攻めないと、強打者が多い交流戦はもっと苦しみますよ」

 中日、近鉄、横浜などで投手として活躍し、巨人へFA移籍した経験のある門倉健氏(評論家)がこう指摘する。 

 27日の阪神戦。巨人先発の野上亮磨(30)が試合を壊した。二回に中谷に2ランを浴びると、四回には大山に左中間二塁打を浴びてさらに1失点。五回には糸井の犠飛で追加点を許した。野上は5回4失点で4敗目(4勝)を喫した。

 巨人はこれで4連敗。22勝23敗1分けと3年連続借金1で29日に開幕する交流戦を迎えることになった。

■「今年はチームの根幹が揺らいでいる」

 不吉である。昨季も同じ4連敗、借金1で交流戦に突入すると、そのままズルズルと負け続け、球団ワーストの13連敗。シーズン4位の最大の要因となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る