清宮1軍復帰へ15試合の試金石 ゴジラ新人年は再昇格に40日

公開日:

「真っすぐに振り負けないようにしたい」

 そう言って二軍落ちした清宮幸太郎(19)は一軍で打率.179、1本塁打、2打点。29日のファーム西武戦(西武第二)からリスタートする。

 なにかと比較されるあの松井秀喜氏の新人年(93年)も、4月10日の開幕を二軍で迎えると、そこから4本塁打を放ち、5月1日に一軍昇格。デビュー戦で二塁打、2戦目に初本塁打を放ったが、その後はプロの壁にブチ当たり、清宮と同じく21打席連続無安打を味わうなど、打率・091、1本塁打、4打点と低迷。6月20日以降は試合出場の機会もなく、同じ外野の助っ人・モスビーとの入れ替わりで7月9日に二軍落ちした。

「松井はプロの速球に対応できず、ゾーンの高低の見極めに苦しんでいた。7月は二軍でも打てなかったが、8月に入ると9試合で打率・361、2本塁打、8打点と調子を上げた。モスビーがケガで二軍落ちしたこともあり、8月17日に長嶋監督(当時)は、調子に波があることを認めつつも、チームの起爆剤として40日ぶりに一軍再昇格。シーズン終了までに10本塁打を放ち、以降は一度も二軍落ちせず、大打者への道のりを歩みました」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る