清宮1軍復帰へ15試合の試金石 ゴジラ新人年は再昇格に40日

公開日: 更新日:

「真っすぐに振り負けないようにしたい」

 そう言って二軍落ちした清宮幸太郎(19)は一軍で打率.179、1本塁打、2打点。29日のファーム西武戦(西武第二)からリスタートする。

 なにかと比較されるあの松井秀喜氏の新人年(93年)も、4月10日の開幕を二軍で迎えると、そこから4本塁打を放ち、5月1日に一軍昇格。デビュー戦で二塁打、2戦目に初本塁打を放ったが、その後はプロの壁にブチ当たり、清宮と同じく21打席連続無安打を味わうなど、打率・091、1本塁打、4打点と低迷。6月20日以降は試合出場の機会もなく、同じ外野の助っ人・モスビーとの入れ替わりで7月9日に二軍落ちした。

「松井はプロの速球に対応できず、ゾーンの高低の見極めに苦しんでいた。7月は二軍でも打てなかったが、8月に入ると9試合で打率・361、2本塁打、8打点と調子を上げた。モスビーがケガで二軍落ちしたこともあり、8月17日に長嶋監督(当時)は、調子に波があることを認めつつも、チームの起爆剤として40日ぶりに一軍再昇格。シーズン終了までに10本塁打を放ち、以降は一度も二軍落ちせず、大打者への道のりを歩みました」(放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  4. 4

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る