日大アメフト部には暴力問題も スポーツ界にはびこる病根

公開日: 更新日:

「例えば、技術はあっても体力が足りない選手がいる。『おまえにはこういう選手になってもらいたい。この部分が足りないから、それを補うための練習は少しきつい。レベルアップするための練習だから苦しいこともあるぞ』と説明すれば、理由がわかっているので、選手はきつい練習にも耐えられる」

 そして、こう続ける。

「もうひとつ、暴言、鉄拳指導で反骨心をあおる指導がある。しかし、反骨心から生まれるモチべーションは長続きはしない。練習は上手になるのが目的です。そのために何をするのか。選手とコミュニケーションをとって理解させれば、精神的に追い込む指導など必要ありません」

 日大アメフト部は昨年、27年ぶりに甲子園ボウルを制した。内田前監督は一時的な成功体験に酔っていたに違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  5. 5

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  6. 6

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  7. 7

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  8. 8

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  9. 9

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

  10. 10

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る