日大アメフト部には暴力問題も スポーツ界にはびこる病根

公開日: 更新日:

 日大アメフト部の選手間で「ハマる」と呼ばれている内田流は、みんなの前で名指しで酷評されたり、試合や練習に出してもらえず、精神的に追い込む。その延長線で「殺人タックル」のような理不尽なこともやらせる。「コーチ論」の著書でノンフィクション作家の織田淳太郎氏は「今の選手はそんな指導ではつぶれてしまう」といってこう続ける。

「某大学のボクシング部では昨年、部員が1人自殺している。指導者に『もうおまえなんて、練習に来なくていい』と追い込まれ、それを苦に自ら命を絶った。こういう指導者は現役時代、自分も監督、コーチの奴隷にされ、嫌な思いをした経験があるのでしょう。部員も自分たちが奴隷にされていることに気付くべきです。いくらレギュラーになりたいといっても、相手をケガさせてまで試合に出て、どれほどの価値があるというのか」

 常にスポーツ選手の心と向き合っているメンタルトレーナーの高畑好秀氏は「指導者は手段と目的を明確にすることです」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  3. 3

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  4. 4

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  5. 5

    東出の不倫発覚で…杏を苛む“浮気のトラウマ”と“男性不信”

  6. 6

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  7. 7

    徳勝龍の相撲人生を変えた大横綱・北の湖親方からの助言

  8. 8

    東出昌大と不倫の唐田えりか ドラマ出演シーン削除の余波

  9. 9

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  10. 10

    #MeTooに参加 インリンさんがセクシーを発信し続ける理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る