問題は開幕戦だった 西武・菊池雄星“左肩の張り”の真犯人

公開日: 更新日:

「左肩の張り」で戦列を離れていた菊池雄星の調整登板を見てきた。

 5月25日、埼玉の戸田で行われたイースタンのヤクルト戦に足を運んだのだ。

 いつ、来日した? それは言えない。ただ、試合開始前から菊池本人の目に留まる場所をウロウロ。本人は間違いなく、視界にわたしをとらえたはずだ。普段は米国にいるため、しょっちゅうというわけにはいかなくても、できるだけ現場に足を運んで選手に自分の存在をアピールするのは信条でもある。

 さて、その菊池は2回47球を投げて4安打3失点。味方の失策が絡んで点は失ったものの、肩はもう心配ない。スライダー、カーブ、チェンジアップのキレはよく、ストレートの最速は154キロをマークした。肩の状態が悪ければ、これだけの球速は出ない。

 ドジャース、フィリーズ、マリナーズなども熱心に追い掛けているようだし、わたしひとりが、この目立つ風体で派手に動き回ったところで限界がある。今後は菊池の進路に影響力を持つ旧知の西武OBを通じて、わたしの存在をより強くアピールしていくつもりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  7. 7

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  8. 8

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  9. 9

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  10. 10

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

もっと見る