問題は開幕戦だった 西武・菊池雄星“左肩の張り”の真犯人

公開日:

「左肩の張り」で戦列を離れていた菊池雄星の調整登板を見てきた。

 5月25日、埼玉の戸田で行われたイースタンのヤクルト戦に足を運んだのだ。

 いつ、来日した? それは言えない。ただ、試合開始前から菊池本人の目に留まる場所をウロウロ。本人は間違いなく、視界にわたしをとらえたはずだ。普段は米国にいるため、しょっちゅうというわけにはいかなくても、できるだけ現場に足を運んで選手に自分の存在をアピールするのは信条でもある。

 さて、その菊池は2回47球を投げて4安打3失点。味方の失策が絡んで点は失ったものの、肩はもう心配ない。スライダー、カーブ、チェンジアップのキレはよく、ストレートの最速は154キロをマークした。肩の状態が悪ければ、これだけの球速は出ない。

 ドジャース、フィリーズ、マリナーズなども熱心に追い掛けているようだし、わたしひとりが、この目立つ風体で派手に動き回ったところで限界がある。今後は菊池の進路に影響力を持つ旧知の西武OBを通じて、わたしの存在をより強くアピールしていくつもりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    酒グセも告白…キャラ変で復活の夏菜によぎる朝ドラの悪夢

  7. 7

    革新機構社長ブチ切れ会見…経産省「朝礼暮改」の実態暴露

  8. 8

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  9. 9

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  10. 10

    狙いはマクロン降ろしか 黄色いベスト運動にトランプの影

もっと見る