バットのみにあらず…首位独走の西武に“もう1つの武器”

公開日: 更新日:

 今季の西武は打って勝つ――間違いではないが、強さの秘訣はそれだけではない。

 27日現在、チーム打率.282、131得点はリーグダントツ。総本塁打数も同2位タイの21本だ。強力打線を背景に、もっか16勝5敗で首位を独走。2位日本ハムに3.5ゲーム差をつけている。

 しかし、西武打線はただ打つだけではない。24盗塁は同2位。ある球団関係者は「塁を盗むだけじゃありませんよ」と、こう続ける。

「具体的な数字は言えないが、エンドランのサインは昨季を上回るペースです。好機と見れば、ベンチも迷わずサインを出す。チーム打撃に長け、ベースランニングも得意な選手が多いのが強みです」

 4番で9本塁打を打っている山川(26)が、その好例だ。176センチ、108キロとずんぐりむっくりの体形ながら、そこは「おかわり2世」。本家おかわりくんの中村が「短いダッシュなら同じ大阪桐蔭の後輩である西岡より速い」と言われていたように、山川も決して鈍足ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  4. 4

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  5. 5

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  8. 8

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  9. 9

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る