バットのみにあらず…首位独走の西武に“もう1つの武器”

公開日: 更新日:

 今季の西武は打って勝つ――間違いではないが、強さの秘訣はそれだけではない。

 27日現在、チーム打率.282、131得点はリーグダントツ。総本塁打数も同2位タイの21本だ。強力打線を背景に、もっか16勝5敗で首位を独走。2位日本ハムに3.5ゲーム差をつけている。

 しかし、西武打線はただ打つだけではない。24盗塁は同2位。ある球団関係者は「塁を盗むだけじゃありませんよ」と、こう続ける。

「具体的な数字は言えないが、エンドランのサインは昨季を上回るペースです。好機と見れば、ベンチも迷わずサインを出す。チーム打撃に長け、ベースランニングも得意な選手が多いのが強みです」

 4番で9本塁打を打っている山川(26)が、その好例だ。176センチ、108キロとずんぐりむっくりの体形ながら、そこは「おかわり2世」。本家おかわりくんの中村が「短いダッシュなら同じ大阪桐蔭の後輩である西岡より速い」と言われていたように、山川も決して鈍足ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る