• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

バットのみにあらず…首位独走の西武に“もう1つの武器”

 今季の西武は打って勝つ――間違いではないが、強さの秘訣はそれだけではない。

 27日現在、チーム打率.282、131得点はリーグダントツ。総本塁打数も同2位タイの21本だ。強力打線を背景に、もっか16勝5敗で首位を独走。2位日本ハムに3.5ゲーム差をつけている。

 しかし、西武打線はただ打つだけではない。24盗塁は同2位。ある球団関係者は「塁を盗むだけじゃありませんよ」と、こう続ける。

「具体的な数字は言えないが、エンドランのサインは昨季を上回るペースです。好機と見れば、ベンチも迷わずサインを出す。チーム打撃に長け、ベースランニングも得意な選手が多いのが強みです」

 4番で9本塁打を打っている山川(26)が、その好例だ。176センチ、108キロとずんぐりむっくりの体形ながら、そこは「おかわり2世」。本家おかわりくんの中村が「短いダッシュなら同じ大阪桐蔭の後輩である西岡より速い」と言われていたように、山川も決して鈍足ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    沖縄県知事選 玉城デニー氏「ひとつになって前進すべき」

  4. 4

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  5. 5

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  6. 6

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  7. 7

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  8. 8

    巨人と西武のオーナーが示唆も…「監督続投要請」の吉凶

  9. 9

    富士山大噴火 気象研「降灰量シミュレーション」の衝撃

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る