低迷ソフトB松田“カモ打ち”弾 西武戦今季初勝利の立役者に

公開日:  更新日:

「まさか」ではなく、「やはり」だった。

 26日、西武を4―1で下したソフトバンク。勝利の立役者となったのが、打率2割台前半と低迷中の松田(34)だ。

 同点の六回、西武先発の十亀から左翼に勝ち越しとなる3ランを放ち、試合を決めた。

 松田はなぜか十亀との相性がいい。去る3日の西武戦でも特大のソロ弾を放っている。ソフトバンクのチーム関係者も「フリー打撃でもあそこまで飛ばないのに、なんで十亀のボールだけは飛ばせるんだ?」と、クビをひねっていたほどだ。

 この日の成績も含めれば、松田は十亀に対し、通算34打数21安打、6本塁打。本人も「成功例の多いピッチャーは、イメージしやすい」と、すっかりカモにしている。

 もっとも、ソフトバンクはこの日、西武に今季初勝利。試合前まで、3戦3敗だった。「松田のみ」が「十亀だけ」を打って一矢報いたとはいえ、西武対策を練らないことには連覇は夢のまた夢だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る