低迷ソフトB松田“カモ打ち”弾 西武戦今季初勝利の立役者に

公開日: 更新日:

「まさか」ではなく、「やはり」だった。

 26日、西武を4―1で下したソフトバンク。勝利の立役者となったのが、打率2割台前半と低迷中の松田(34)だ。

 同点の六回、西武先発の十亀から左翼に勝ち越しとなる3ランを放ち、試合を決めた。

 松田はなぜか十亀との相性がいい。去る3日の西武戦でも特大のソロ弾を放っている。ソフトバンクのチーム関係者も「フリー打撃でもあそこまで飛ばないのに、なんで十亀のボールだけは飛ばせるんだ?」と、クビをひねっていたほどだ。

 この日の成績も含めれば、松田は十亀に対し、通算34打数21安打、6本塁打。本人も「成功例の多いピッチャーは、イメージしやすい」と、すっかりカモにしている。

 もっとも、ソフトバンクはこの日、西武に今季初勝利。試合前まで、3戦3敗だった。「松田のみ」が「十亀だけ」を打って一矢報いたとはいえ、西武対策を練らないことには連覇は夢のまた夢だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る