低迷ソフトB松田“カモ打ち”弾 西武戦今季初勝利の立役者に

公開日: 更新日:

「まさか」ではなく、「やはり」だった。

 26日、西武を4―1で下したソフトバンク。勝利の立役者となったのが、打率2割台前半と低迷中の松田(34)だ。

 同点の六回、西武先発の十亀から左翼に勝ち越しとなる3ランを放ち、試合を決めた。

 松田はなぜか十亀との相性がいい。去る3日の西武戦でも特大のソロ弾を放っている。ソフトバンクのチーム関係者も「フリー打撃でもあそこまで飛ばないのに、なんで十亀のボールだけは飛ばせるんだ?」と、クビをひねっていたほどだ。

 この日の成績も含めれば、松田は十亀に対し、通算34打数21安打、6本塁打。本人も「成功例の多いピッチャーは、イメージしやすい」と、すっかりカモにしている。

 もっとも、ソフトバンクはこの日、西武に今季初勝利。試合前まで、3戦3敗だった。「松田のみ」が「十亀だけ」を打って一矢報いたとはいえ、西武対策を練らないことには連覇は夢のまた夢だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  2. 2

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  3. 3

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  4. 4

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  5. 5

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  6. 6

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  7. 7

    コロナは15日ごとに変異…凶暴なウイルスに変身するのか?

  8. 8

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  9. 9

    東出昌大“緊急生謝罪”の裏に…長澤まさみの「重い一言」

  10. 10

    ビック3とは一線 志村けんさんが貫いたコメディアン人生

もっと見る