ジョコビッチ全仏8強で敗退 世界72位の伏兵に競り負け

公開日: 更新日:

 かつての「ビッグ4」の一角が姿を消した。

 テニスの全仏オープンは5日、男子シングルス準々決勝を行い、元世界ランキング1位(現22位)のノバク・ジョコビッチ(31=セルビア)が、同72位でノーシードのマルコ・チェッキナート(25=イタリア)にセットカウント1―3で敗れ、4強進出を逃した。

 2セットを連取されて後がないジョコビッチ。第3セットで相手のミスに乗じて1セットを返すのがやっとだった。痛めていた右肘は決して万全ではないのだろう。第3セット後、トレーナーの治療や痛み止めを服用。第4セットはタイブレークにまで持ち込む粘りを見せたが、最後はチェッキナートのショットに反応できずに競り負けた。

 4大大会の同種目でイタリア勢として40年ぶりの4強入りを決めたチェッキナートは準決勝で第7シードのドミニク・ティエム(24=オーストリア)と対戦。

 女子は第13シードのマディソン・キーズ(23)、昨年の全米オープン覇者スローン・スティーブンス(25)の米国勢2人が勝ち上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    障害者職員へ責任転嫁…桜名簿破棄の安倍答弁に批判殺到

  2. 2

    夫は人気漫画家でも格差婚?壇蜜の知られざる超堅実ライフ

  3. 3

    「70万円の婚約指輪が小さく感じる」女性の相談が大炎上!

  4. 4

    オエップ、気持ち悪いな。萩生田氏を支える安倍首相との仲

  5. 5

    加計問題の“守護神”柳瀬氏 今度はJBICに悠々自適の天下り

  6. 6

    「カタギになりたかった」路上で神戸山口組幹部射殺の真相

  7. 7

    鳥谷に浪人危機 阪神の引退勧告拒否するも引き取り手なし

  8. 8

    亡き娘の面影を…運転手と乗客の「25分の会話」に思わず涙

  9. 9

    離婚の神田沙也加に不倫疑惑…逃れられない「聖子の呪縛」

  10. 10

    “悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る