ジョコビッチ全仏8強で敗退 世界72位の伏兵に競り負け

公開日: 更新日:

 かつての「ビッグ4」の一角が姿を消した。

 テニスの全仏オープンは5日、男子シングルス準々決勝を行い、元世界ランキング1位(現22位)のノバク・ジョコビッチ(31=セルビア)が、同72位でノーシードのマルコ・チェッキナート(25=イタリア)にセットカウント1―3で敗れ、4強進出を逃した。

 2セットを連取されて後がないジョコビッチ。第3セットで相手のミスに乗じて1セットを返すのがやっとだった。痛めていた右肘は決して万全ではないのだろう。第3セット後、トレーナーの治療や痛み止めを服用。第4セットはタイブレークにまで持ち込む粘りを見せたが、最後はチェッキナートのショットに反応できずに競り負けた。

 4大大会の同種目でイタリア勢として40年ぶりの4強入りを決めたチェッキナートは準決勝で第7シードのドミニク・ティエム(24=オーストリア)と対戦。

 女子は第13シードのマディソン・キーズ(23)、昨年の全米オープン覇者スローン・スティーブンス(25)の米国勢2人が勝ち上がった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    NHK「おちょやん」が不人気 話題にもならないのはなぜか

  3. 3

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

  4. 4

    明日海りお「おちょやん」で再出演はナシ…宝塚ファン悲鳴

  5. 5

    五輪開会式までに「国内コロナ死者累計2万人」の驚愕試算

  6. 6

    「おかえりモネ」清原果耶にかかる重圧…前作大苦戦の連鎖

  7. 7

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  8. 8

    インド変異株拡大へ秒読み…連絡つかない入国者は1日300人

  9. 9

    「ドラゴン桜2」若手は粒ぞろい “第2の長澤まさみ”が現れるか

  10. 10

    インドで新たな変異株が!初期変異株より感染力15倍の衝撃

もっと見る