• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

互いに故障明け 錦織がジョコ相手に自滅のストレート負け

 テニスのマドリード・オープンは7日(日本時間8日未明)、男子シングルス1回戦を行い、世界ランキング20位の錦織圭(28)が元世界1位のノバク・ジョコビッチ(30)と対戦。セットカウント0―2でストレート負けを喫した。

 ともに今年1月に故障から復活した両者の直接対決で、先手を取ったのは錦織だった。第1セットの第5ゲームで先にブレークに成功。試合の主導権を掴みかけたが、続く第6ゲームで痛恨のダブルフォールトでブレークバックを許す。第12ゲームで再びサービスを破られて、このセットを落とした。

 第2セットも波に乗り切れず、ショットがラインを割るなど、元世界王者を前にミスを連発。第10ゲームは40―15から連続ポイントを許すと、3度のジュースの末、最後は錦織のショットが外れて試合を落とした。

 これで錦織は天敵ジョコビッチに対して11連敗。通算2勝12敗となった。相手も故障明けでプレーに精彩を欠きながら、元「ビッグ4」の壁を崩せなかった。

▽錦織の話「大事なポイントを取れなかったのが一番の敗因。レベルが高い選手とやると、自分の物足りないところが浮き彫りになる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る