互いに故障明け 錦織がジョコ相手に自滅のストレート負け

公開日: 更新日:

 テニスのマドリード・オープンは7日(日本時間8日未明)、男子シングルス1回戦を行い、世界ランキング20位の錦織圭(28)が元世界1位のノバク・ジョコビッチ(30)と対戦。セットカウント0―2でストレート負けを喫した。

 ともに今年1月に故障から復活した両者の直接対決で、先手を取ったのは錦織だった。第1セットの第5ゲームで先にブレークに成功。試合の主導権を掴みかけたが、続く第6ゲームで痛恨のダブルフォールトでブレークバックを許す。第12ゲームで再びサービスを破られて、このセットを落とした。

 第2セットも波に乗り切れず、ショットがラインを割るなど、元世界王者を前にミスを連発。第10ゲームは40―15から連続ポイントを許すと、3度のジュースの末、最後は錦織のショットが外れて試合を落とした。

 これで錦織は天敵ジョコビッチに対して11連敗。通算2勝12敗となった。相手も故障明けでプレーに精彩を欠きながら、元「ビッグ4」の壁を崩せなかった。

▽錦織の話「大事なポイントを取れなかったのが一番の敗因。レベルが高い選手とやると、自分の物足りないところが浮き彫りになる」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  6. 6

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  7. 7

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    “株式会社TOKIO社長”城島茂の25歳妻インスタにファン騒然

もっと見る