武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

全仏優勝候補ナダルにあって錦織にない“技術以外”のモノ

公開日:

 テニスのグランドスラム第2弾、全仏オープンが27日から始まる。4大大会でこの大会だけ日曜に開幕する15日間は、風薫るパリのハイシーズンを華やかに彩る。テニス専門誌で見どころを書いているが、書き出しは毎年同じように「やっパリ、ナダル!」――ラファエル・ナダルは今年も鉄板の本命だ。

 大会中に32歳の誕生日を迎えるナダルは、これまで13回出場して優勝が10度、通算79勝2敗で勝率は98%(一昨年は3回戦棄権)。しかも、今年は3年ぶりにタイトルを奪還した昨年より強さが増した。

 ナダルといえばタンクトップからむきだした筋骨隆々の強烈なフォアが武器だった。今季はバックハンドを攻撃的に使ってネットをうかがう戦術も加え、一球入魂のスタイルには年齢的限界があるとみていたコートサイドを驚かせている。常に努力、衰えないメンタリティーの源は何か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る