武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

全仏優勝候補ナダルにあって錦織にない“技術以外”のモノ

公開日: 更新日:

 テニスのグランドスラム第2弾、全仏オープンが27日から始まる。4大大会でこの大会だけ日曜に開幕する15日間は、風薫るパリのハイシーズンを華やかに彩る。テニス専門誌で見どころを書いているが、書き出しは毎年同じように「やっパリ、ナダル!」――ラファエル・ナダルは今年も鉄板の本命だ。

 大会中に32歳の誕生日を迎えるナダルは、これまで13回出場して優勝が10度、通算79勝2敗で勝率は98%(一昨年は3回戦棄権)。しかも、今年は3年ぶりにタイトルを奪還した昨年より強さが増した。

 ナダルといえばタンクトップからむきだした筋骨隆々の強烈なフォアが武器だった。今季はバックハンドを攻撃的に使ってネットをうかがう戦術も加え、一球入魂のスタイルには年齢的限界があるとみていたコートサイドを驚かせている。常に努力、衰えないメンタリティーの源は何か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    かつて石原プロ解散を踏み止まらせた舘ひろしの男気発言

  2. 2

    ショーケンに渡哲也が激怒した“東映京都撮影所騒動”の顛末

  3. 3

    広島V逸なら緒方政権今季限り 次期監督候補に金本氏急浮上

  4. 4

    自民・萩生田氏「消費増税延期」発言に隠された姑息な狙い

  5. 5

    満身創痍も…渡哲也が貫く“男が惚れる晩節”と裕次郎イズム

  6. 6

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  7. 7

    巨人は垂涎…竜新助っ人ロメロで証明された森SDの“慧眼”

  8. 8

    改革バカにケンカを売る山本太郎「れいわ新撰組」の本気度

  9. 9

    高校を中退し石原裕次郎の内弟子になろうと成城の自宅へ

  10. 10

    失言や失態だけじゃない 桜田五輪大臣辞任「本当の理由」

もっと見る