大坂なおみ&小平智のツアー初Vが証明した“日本式”の限界

公開日: 更新日:

 小平智(28)のRBCヘリテージ優勝には多くのゴルフ関係者が驚きの声を上げたが、夢を追い続けてこられたのは父親のおかげと言っても過言ではないだろう。小平は元レッスンプロの父親の影響で10歳からゴルフを始めた。この父親はクラブを握った息子に怒声を上げたり強制的な練習はさせず、ゴルフの楽しさを教えながら伸び伸び育てた。小平は「父親から厳しい指導を受けていたら途中でゴルフをやめていたかもしれない」と語っている。

 多くのプロアスリートを指導してきた臨床スポーツ心理学者の児玉光雄氏(追手門学院大客員教授)もこう言う。

「減ってはきていますが、日本では今でも選手をガミガミ叱りながら指導する者が多いため、ジュニアの頃から、戦う相手よりコーチの顔色をうかがうようになる。五輪を開催する国ですから、この現状は変えていかなければなりません。対極な指導者に出会って結果を出したのが女子テニス大坂なおみです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る