武田薫氏が指摘 “サプライズ女王”大坂なおみ「2つの不安」

公開日:

 テニスといえば今や大坂なおみ――錦織圭をしのぐ認知度の20歳はサプライズの女王だ。

 演歌っぽい名前とは真逆に、ゴスペル歌手並みのアフロヘアを派手なバンダナで結って登場し、迫力満点に打ちまくる。

 北海道出身の母、ハイチ系アメリカ人の父の間に大阪で生まれ、3歳から父親の家族がいるニューヨークに移った。

 ジュニアの大会に出場しなかったこともあって馴染みは薄かったが、14歳でプロ転向。16歳のツアーデビュー戦でいきなり全米女王のサマンサ・ストーサーを倒し、18歳で初出場した4大大会はすべて3回戦まで進出した。

 本領発揮が3月のBNPパリバ・オープンだ。4大大会に次ぐプレミアマンダトリー、伊達公子も勝てなかったビッグイベントでツアー初優勝を達成した。しかもシャラポワ、プリスコバ、ハレプら3人の新旧女王をストレートでなぎ倒し、7試合で1セットを落としただけのサプライズ。翌週のマイアミではセリーナ・ウィリアムズまで退けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  3. 3

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

もっと見る