ハレプが全仏OP女子単2年連続決勝へ 相手はスティーブンス

公開日: 更新日:

 女子シングルスは実力者が順当に勝ち上がった。テニスの全仏オープン(パリ)は7日、女子シングルス準決勝を行い、昨年準優勝で第1シードのシモナ・ハレプ(26=ルーマニア=写真・ロイター)と、昨年の全米オープン覇者で第10シードのスローン・スティーブンス(25=米国)が勝ち、9日の決勝進出を決めた。ハレプは2年連続、スティーブンスは初。ともに初の頂点を目指す。

 世界1位のハレプは、4大大会で過去3度も決勝に進出しながら、意外にも優勝経験はない。昨年の全仏決勝では若手のエレナ・オスタペンコ(21=ラトビア)に逆転負けを喫している。2年連続の決勝の舞台に向けてハレプは「ベストを尽くして去年よりもいいプレーができれば」と雪辱を期した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  9. 9

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る