株主総会は無風でも G由伸監督「契約延長」へ消えない雑音

公開日: 更新日:

 巨人は12日、株主総会を開いた。昨年はこの時期に球団ワーストの13連敗を喫したこともあり、責任を負わされる形で当時のGMが事実上の解任に追い込まれたが、今年は無風だったようだ。

 注目は3年契約の最終年を迎えている高橋由伸監督(43)の去就である。12日現在、28勝30敗1分けで5位。とはいえ、2位までは0.5ゲーム差の大混戦だ。巨人を率いる以上、「4年ぶりのリーグ優勝」は至上命令。それとは別に「若手の育成」という宿題も球団に課せられている。

 後者は岡本和真(21)が打率.335、10本塁打、39打点をマーク。第89代4番に抜擢できるまでに覚醒させたことが指揮官の評価となっている。

 近年なかなか定着できなかった二塁には主に2年目の吉川尚を起用。大城、田中俊ら新人がのびのび活躍できる場も与えている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る