3安打4打点の大爆発 巨人由伸監督のクビは岡本の活躍次第

公開日:

 解説の仕事で甲子園を訪れていた侍ジャパンの稲葉監督も、「いや、もう、スゴイとしか言いようがないですね」と感嘆するしかなかった。

 22日の阪神戦で巨人の岡本和真(21)が、3安打4打点と大爆発。四回1死三塁で勝ち越しの中前適時打を放つと、五回無死二、三塁ではバックスクリーンへプロ入り後初の甲子園弾となる3ランを叩き込んだ。

「球場はどこでもホームランは素直にうれしい。打点があるのは、前の打者が塁に出て、チャンスで回していただいたおかげ。先は長いけど、今後もしっかり勝っていけるように頑張ります」(岡本)

 高橋由伸監督も「(走者が)たまったところでの一発は大きい。その前の適時打も勝負強さが出た」と手放しだったが、岡本の活躍で阪神を3タテしても、それでもまだチームは9勝11敗と負けが先行。チーム防御率4点台の投手陣などを考えれば、安閑としていられないのが現状である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  7. 7

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  8. 8

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    1歳年下フジテレビ社員の彼が“観劇デート”後の車中で…

もっと見る