3安打4打点の大爆発 巨人由伸監督のクビは岡本の活躍次第

公開日: 更新日:

 解説の仕事で甲子園を訪れていた侍ジャパンの稲葉監督も、「いや、もう、スゴイとしか言いようがないですね」と感嘆するしかなかった。

 22日の阪神戦で巨人岡本和真(21)が、3安打4打点と大爆発。四回1死三塁で勝ち越しの中前適時打を放つと、五回無死二、三塁ではバックスクリーンへプロ入り後初の甲子園弾となる3ランを叩き込んだ。

「球場はどこでもホームランは素直にうれしい。打点があるのは、前の打者が塁に出て、チャンスで回していただいたおかげ。先は長いけど、今後もしっかり勝っていけるように頑張ります」(岡本)

 高橋由伸監督も「(走者が)たまったところでの一発は大きい。その前の適時打も勝負強さが出た」と手放しだったが、岡本の活躍で阪神を3タテしても、それでもまだチームは9勝11敗と負けが先行。チーム防御率4点台の投手陣などを考えれば、安閑としていられないのが現状である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  5. 5

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る