• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

挨拶回り、イベント出演…新大関・栃ノ心を待ち受ける試練

 前場所のような強さを発揮できるか、それとも……。

 13日、新大関の栃ノ心(30)が7月場所(7月8日初日)に向けて稽古を開始。里帰りしていた母国ジョージアから12日に再来日したばかりとあって、四股やすり足などの基礎に時間を割き、ぶつかり稽古で幕下力士らに胸を出した。

「少しずつ、汗をかいていく」

 と話した栃ノ心。新大関として臨む7月場所に期待がかかるものの、そううまくいくかどうか。

 大相撲が年6場所制になった1958年以降、新大関で優勝したのは白鵬を含む4人だけ。8勝7敗だった豪栄道、鶴竜、日馬富士のように、期待に応えられなかった力士も少なくない。昨年昇進した高安も、角界では「一気に横綱昇進もあるぞ」と言われながら、終盤に連敗して9勝6敗という平凡な結果だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る