歴代1位のスロー出世 新大関・栃ノ心「綱とり」への課題

公開日: 更新日:

「謹んでお受けいたします。親方の教えを守り、力士の手本となれるように、稽古に精進します」

 相撲協会からの使者を迎え、ぎこちないながらも栃ノ心(30)が口上を述べた。

 30日の伝達式をもって、正式に大関へ。さらに上の地位、横綱については「まだ考えてないです」と話したが、これ以上の昇進は可能なのか。

 力相撲になれば無敵を誇る一方、気がかりなのはその肉体だ。30歳という年齢もさることながら、新入幕から所要60場所で大関昇進は歴代1位のスロー出世。“勤続疲労”に加え、右ヒザにも古傷を抱えている。過去、欧州出身の大関は琴欧洲(現鳴戸親方)と把瑠都がいるが、いずれもヒザのケガが引退につながった。

 さらに運も必要不可欠だ。横綱になるためには大関で「2場所連続優勝、あるいはそれに準ずる成績」を残さなくてはいけない。08年5月に初優勝した琴欧洲は、かつて日刊ゲンダイの連載で「その時が現役生活で一番、というわけではない。この時以上に調子のいい場所は何度もあった」と、話している。対戦競技である以上、ライバル力士たちの状態にも左右される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エ軍大谷が2回目の契約更改へ 投手全休で来季年俸いくら?

  2. 2

    神田沙也加は不倫離婚か “格下”ばかりと熱愛する深層心理

  3. 3

    安倍政権に国家賠償も…「桜」がジャパンライフ被害を加速

  4. 4

    二宮和也は2021年6月に“海外挙式”へ 気になる場所と招待客

  5. 5

    大谷、菅野…更改で気になる高給取り5選手のカネの使い道

  6. 6

    高畑充希&坂口健太郎“いつ恋婚”のタイミング 強行突破も

  7. 7

    「桜」会見支離滅裂釈明 菅長官辞任なら安倍政権どうなる

  8. 8

    安倍政権中枢総ぐるみ ジャパンライフ汚染議員30人の名前

  9. 9

    殺し合いで圧倒した側の論理が筋になるのがヤクザの喧嘩

  10. 10

    高畑充希「同期のサクラ」視聴率“右肩上がり”に3つの要素

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る