歴代1位のスロー出世 新大関・栃ノ心「綱とり」への課題

公開日: 更新日:

「謹んでお受けいたします。親方の教えを守り、力士の手本となれるように、稽古に精進します」

 相撲協会からの使者を迎え、ぎこちないながらも栃ノ心(30)が口上を述べた。

 30日の伝達式をもって、正式に大関へ。さらに上の地位、横綱については「まだ考えてないです」と話したが、これ以上の昇進は可能なのか。

 力相撲になれば無敵を誇る一方、気がかりなのはその肉体だ。30歳という年齢もさることながら、新入幕から所要60場所で大関昇進は歴代1位のスロー出世。“勤続疲労”に加え、右ヒザにも古傷を抱えている。過去、欧州出身の大関は琴欧洲(現鳴戸親方)と把瑠都がいるが、いずれもヒザのケガが引退につながった。

 さらに運も必要不可欠だ。横綱になるためには大関で「2場所連続優勝、あるいはそれに準ずる成績」を残さなくてはいけない。08年5月に初優勝した琴欧洲は、かつて日刊ゲンダイの連載で「その時が現役生活で一番、というわけではない。この時以上に調子のいい場所は何度もあった」と、話している。対戦競技である以上、ライバル力士たちの状態にも左右される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  6. 6

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  7. 7

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  8. 8

    「第二の松山」発掘は困難 日本ゴルフ界が抱える3つの課題

  9. 9

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  10. 10

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

もっと見る