30歳で初賜杯 栃ノ心は大関・横綱が狙えるか評論家が分析

公開日: 更新日:

 場所前、誰がこの結末を予想しただろうか。

 大相撲1月場所で、前頭3枚目の栃ノ心(30)が初めて賜杯を抱いた。

 29日の一夜明け会見では、「千秋楽が終わって、こんなに気持ちのいい月曜日は初めて」と満面の笑み。来場所は関脇昇進が濃厚といわれている。

 相撲評論家の中澤潔氏は「次の3月でも2ケタ勝てば、大関とりです」とこう話す。

「今場所は盤石の四つ相撲で14勝1敗ですからね。いなされても崩れず、きちんとついていける。2013年に大ケガを負った右ヒザの回復具合にも自信があるのでしょう。今は番付が嘘っぱち。横綱2人が休場し、鶴竜も途中から崩れた。大関も、高安こそ終盤に持ち直したが(12勝3敗)、豪栄道は8勝7敗。トランプ大統領じゃないが、フェイク番付みたいなものですよ。栃ノ心の大関昇進? そう期待せざるを得ないでしょう。強さが違いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  2. 2

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  3. 3

    逆流下水は糞尿混じり…武蔵小杉タワマン台風19号被害ルポ

  4. 4

    自衛隊員ゼロに…安倍政権が千葉県被災者の雨ざらしを放置

  5. 5

    台風19号被害拡大 災害頻発列島で疑問だらけの対策対応<1>

  6. 6

    スコットランド戦のキーマン WTB松島幸太朗の“超速伝説”

  7. 7

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

  8. 8

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  9. 9

    楽天新監督に三木氏 石井GM絶賛の育成とマネジメント能力

  10. 10

    W杯特需に期待せざるを得ない日本ラグビー界のお寒い事情

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る