• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

30歳で初賜杯 栃ノ心は大関・横綱が狙えるか評論家が分析

 場所前、誰がこの結末を予想しただろうか。

 大相撲1月場所で、前頭3枚目の栃ノ心(30)が初めて賜杯を抱いた。

 29日の一夜明け会見では、「千秋楽が終わって、こんなに気持ちのいい月曜日は初めて」と満面の笑み。来場所は関脇昇進が濃厚といわれている。

 相撲評論家の中澤潔氏は「次の3月でも2ケタ勝てば、大関とりです」とこう話す。

「今場所は盤石の四つ相撲で14勝1敗ですからね。いなされても崩れず、きちんとついていける。2013年に大ケガを負った右ヒザの回復具合にも自信があるのでしょう。今は番付が嘘っぱち。横綱2人が休場し、鶴竜も途中から崩れた。大関も、高安こそ終盤に持ち直したが(12勝3敗)、豪栄道は8勝7敗。トランプ大統領じゃないが、フェイク番付みたいなものですよ。栃ノ心の大関昇進? そう期待せざるを得ないでしょう。強さが違いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る