30歳で初賜杯 栃ノ心は大関・横綱が狙えるか評論家が分析

公開日: 更新日:

 場所前、誰がこの結末を予想しただろうか。

 大相撲1月場所で、前頭3枚目の栃ノ心(30)が初めて賜杯を抱いた。

 29日の一夜明け会見では、「千秋楽が終わって、こんなに気持ちのいい月曜日は初めて」と満面の笑み。来場所は関脇昇進が濃厚といわれている。

 相撲評論家の中澤潔氏は「次の3月でも2ケタ勝てば、大関とりです」とこう話す。

「今場所は盤石の四つ相撲で14勝1敗ですからね。いなされても崩れず、きちんとついていける。2013年に大ケガを負った右ヒザの回復具合にも自信があるのでしょう。今は番付が嘘っぱち。横綱2人が休場し、鶴竜も途中から崩れた。大関も、高安こそ終盤に持ち直したが(12勝3敗)、豪栄道は8勝7敗。トランプ大統領じゃないが、フェイク番付みたいなものですよ。栃ノ心の大関昇進? そう期待せざるを得ないでしょう。強さが違いますよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  3. 3

    桜疑惑で安倍前首相に致命的弱点 “虚偽答弁”を見過ごすな

  4. 4

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  5. 5

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  6. 6

    菅首相が公邸に呼んだ医師が話題 コロナ対策持論に弊害も

  7. 7

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  8. 8

    森七菜「電撃移籍」の真相 “恩人の死”引き金で実母が暗躍

  9. 9

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  10. 10

    弟子の一之輔は本当に寄席が好き。寄席を休みたくないと…

もっと見る