D・ジョンソンが首位タイ発進…冴えたアプローチ&パット

公開日:  更新日:

【全米オープン】

 前週の「フェデックス・セントジュード・クラシック」に勝って世界ランク(WR)1位に返り咲いたダスティン・ジョンソン(33)が、1アンダー首位タイと2016年大会以来のメジャー2勝目に向けて好スタートを切った。

 193センチの長身から打ち出されるドライバー飛距離は310ヤード(ランク10位)と米ツアー屈指の飛ばし屋として知られる。

 ただ全米オープン特有のタフな設定ではドライバー飛距離よりも、グリーンを外した時のアプローチとパットの出来がスコアを大きく左右する。

 試合は世界のトッププロですらパーセーブが難しいガマン比べの様相だが、この日のジョンソンはアプローチ、パットとも冴えた。

 4番パー4は残り141ヤードから4メートルにつけて初バーディー。5番パー5は8メートルを放り込んで連続バーディーを奪った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る