D・ジョンソンが首位タイ発進…冴えたアプローチ&パット

公開日: 更新日:

【全米オープン】

 前週の「フェデックス・セントジュード・クラシック」に勝って世界ランク(WR)1位に返り咲いたダスティン・ジョンソン(33)が、1アンダー首位タイと2016年大会以来のメジャー2勝目に向けて好スタートを切った。

 193センチの長身から打ち出されるドライバー飛距離は310ヤード(ランク10位)と米ツアー屈指の飛ばし屋として知られる。

 ただ全米オープン特有のタフな設定ではドライバー飛距離よりも、グリーンを外した時のアプローチとパットの出来がスコアを大きく左右する。

 試合は世界のトッププロですらパーセーブが難しいガマン比べの様相だが、この日のジョンソンはアプローチ、パットとも冴えた。

 4番パー4は残り141ヤードから4メートルにつけて初バーディー。5番パー5は8メートルを放り込んで連続バーディーを奪った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  2. 2

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  3. 3

    安倍首相“吐血情報”で広がる健康不安説…国会拒否の理由か

  4. 4

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  5. 5

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  6. 6

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  7. 7

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  10. 10

    チャリティーゴルフで社会貢献 人気絶頂女子プロの“本音”

もっと見る