D・ジョンソンが首位タイ発進…冴えたアプローチ&パット

公開日: 更新日:

【全米オープン】

 前週の「フェデックス・セントジュード・クラシック」に勝って世界ランク(WR)1位に返り咲いたダスティン・ジョンソン(33)が、1アンダー首位タイと2016年大会以来のメジャー2勝目に向けて好スタートを切った。

 193センチの長身から打ち出されるドライバー飛距離は310ヤード(ランク10位)と米ツアー屈指の飛ばし屋として知られる。

 ただ全米オープン特有のタフな設定ではドライバー飛距離よりも、グリーンを外した時のアプローチとパットの出来がスコアを大きく左右する。

 試合は世界のトッププロですらパーセーブが難しいガマン比べの様相だが、この日のジョンソンはアプローチ、パットとも冴えた。

 4番パー4は残り141ヤードから4メートルにつけて初バーディー。5番パー5は8メートルを放り込んで連続バーディーを奪った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  5. 5

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  6. 6

    10連休GWの小遣い稼ぎに「3月高配当」21銘柄いまから狙う

  7. 7

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  8. 8

    AKBグループを蝕む“大企業病” 運営側グタグタ会見で露呈

  9. 9

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  10. 10

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

もっと見る