6月に猛復調で現実味が 日ハム近藤「打率4割」へのノルマ

公開日: 更新日:

 日本ハムの近藤健介(24)に打率4割の可能性が出てきた。

 6月は9試合連続安打をマークするなど打率.408と調子上向き。一時は3割2分台まで落としていた打率を、ここにきて.365まで上げてきた。

 昨年はケガなどで57試合の出場にとどまったものの、打率.413を記録。NPBによればシーズン100打席以上で4割をキープしたのは、長いプロ野球の歴史の中でも近藤ひとりだ。

 三冠王に3度輝いた落合博満は現役時代、親しい野球関係者にこう言ったそうだ。

「シーズン中にどんなボールでも打てる期間が10日から2週間くらいある。それがシーズンに3回はある。4回あれば打率4割を打てる」

 要するに固め打ちが不可欠ということだ。


 近藤はここまで3安打を含むマルチ安打試合が18。9試合連続安打を2度マークするなど、打ち出したら止まらないタイプだ。残り78試合。このままのペースだと計450打数になり、4割を打つためには計180本の安打が必要。現在65安打だから、あと115本打たなければならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  2. 2

    風間俊介は3歳児の父 ジャニーズ“結婚&子持ち”NGの境界線

  3. 3

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  4. 4

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  5. 5

    背後に敏腕マネが 大坂なおみ“バイン契約解除”決断の真相

  6. 6

    嵐に燻り続けてきた“プロパーvs外様”メンバーの確執と暗闘

  7. 7

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  8. 8

    結婚発表前に伏線が…テレ朝・小川彩佳は悲恋のプリンセス

  9. 9

    好調な映画そっちのけ…キムタクの雑な“白髪染め”が話題に

  10. 10

    背水から逆転の山下智久&木村拓哉 1本の映画が2人を変えた

もっと見る