6月に猛復調で現実味が 日ハム近藤「打率4割」へのノルマ

公開日:  更新日:

 日本ハムの近藤健介(24)に打率4割の可能性が出てきた。

 6月は9試合連続安打をマークするなど打率.408と調子上向き。一時は3割2分台まで落としていた打率を、ここにきて.365まで上げてきた。

 昨年はケガなどで57試合の出場にとどまったものの、打率.413を記録。NPBによればシーズン100打席以上で4割をキープしたのは、長いプロ野球の歴史の中でも近藤ひとりだ。

 三冠王に3度輝いた落合博満は現役時代、親しい野球関係者にこう言ったそうだ。

「シーズン中にどんなボールでも打てる期間が10日から2週間くらいある。それがシーズンに3回はある。4回あれば打率4割を打てる」

 要するに固め打ちが不可欠ということだ。


 近藤はここまで3安打を含むマルチ安打試合が18。9試合連続安打を2度マークするなど、打ち出したら止まらないタイプだ。残り78試合。このままのペースだと計450打数になり、4割を打つためには計180本の安打が必要。現在65安打だから、あと115本打たなければならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る