• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

6月に猛復調で現実味が 日ハム近藤「打率4割」へのノルマ

 日本ハムの近藤健介(24)に打率4割の可能性が出てきた。

 6月は9試合連続安打をマークするなど打率.408と調子上向き。一時は3割2分台まで落としていた打率を、ここにきて.365まで上げてきた。

 昨年はケガなどで57試合の出場にとどまったものの、打率.413を記録。NPBによればシーズン100打席以上で4割をキープしたのは、長いプロ野球の歴史の中でも近藤ひとりだ。

 三冠王に3度輝いた落合博満は現役時代、親しい野球関係者にこう言ったそうだ。

「シーズン中にどんなボールでも打てる期間が10日から2週間くらいある。それがシーズンに3回はある。4回あれば打率4割を打てる」

 要するに固め打ちが不可欠ということだ。


 近藤はここまで3安打を含むマルチ安打試合が18。9試合連続安打を2度マークするなど、打ち出したら止まらないタイプだ。残り78試合。このままのペースだと計450打数になり、4割を打つためには計180本の安打が必要。現在65安打だから、あと115本打たなければならない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  3. 3

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る