プロ1号で初勝利 野手転向説と酷評を乗り越えた日ハム上原

公開日: 更新日:

「(本塁打は)マグレです。1勝目ですけど、次も勝てるように、戦力としてしっかり見てもらえるように、しっかりやっていきたい」

 プロ3年目の左腕、日本ハムの上原健太(24=写真)が、この日の広島戦で今季初勝利。投げては5回を1失点、打っては2点リードの五回にプロ初安打となる1号中押し本塁打を右翼スタンドに放り込み、試合後に笑顔でこう言った。

 明大出身。15年のドラフト1位ながら、昨年までの2年間は計10試合に登板しただけ。昨季は1勝5敗、防御率6・23と散々だった。さる日本ハムOBによれば「しっかりと指にかかった、質のいいボールは1試合のうち1球か2球程度だった」という。50メートル走は5秒7。一時はチームナンバーワンの走力を生かした野手転向がささやかれたほどだ。

 この日は5回65球、勝ち投手の権利を得たところで降板した。いわば白星をつけてもらったわけで、本人も自覚しているように首脳陣の信頼はまだない。「戦力として見てもらえるように」なるには、地道に結果を出し続ける以外にない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る