プロ1号で初勝利 野手転向説と酷評を乗り越えた日ハム上原

公開日: 更新日:

「(本塁打は)マグレです。1勝目ですけど、次も勝てるように、戦力としてしっかり見てもらえるように、しっかりやっていきたい」

 プロ3年目の左腕、日本ハムの上原健太(24=写真)が、この日の広島戦で今季初勝利。投げては5回を1失点、打っては2点リードの五回にプロ初安打となる1号中押し本塁打を右翼スタンドに放り込み、試合後に笑顔でこう言った。

 明大出身。15年のドラフト1位ながら、昨年までの2年間は計10試合に登板しただけ。昨季は1勝5敗、防御率6・23と散々だった。さる日本ハムOBによれば「しっかりと指にかかった、質のいいボールは1試合のうち1球か2球程度だった」という。50メートル走は5秒7。一時はチームナンバーワンの走力を生かした野手転向がささやかれたほどだ。

 この日は5回65球、勝ち投手の権利を得たところで降板した。いわば白星をつけてもらったわけで、本人も自覚しているように首脳陣の信頼はまだない。「戦力として見てもらえるように」なるには、地道に結果を出し続ける以外にない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  6. 6

    “鶏卵疑惑”自民に飛び火か…これがズブズブ「献金リスト」

  7. 7

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

もっと見る