4割に最も近い男の秘密 日ハム近藤健介と大谷翔平の共通項

公開日: 更新日:

 前人未到の4割打者への夢を抱かせる。

 日本ハム近藤健介(24)が24日のオリックス戦で3安打の固め打ち。打率・400ちょうどと、大台に乗せた。右に左に打ち分け、単打あり長打あり。1打席目から安打、二塁打、三塁打と順番にきて、サイクル安打は逃したが、ここまで19四球と出塁率・533もリーグトップ。選球眼の良さも高打率に一役買っている。

 昨季は腰のヘルニア手術の影響で57試合出場にとどまるも、打率・413をマーク。最も4割に近い男といえる。

 そんな近藤はルーキーイヤーから、球団内で高く評価されていた。

「近藤は、同じ高卒で入った上沢直之、松本剛、石川慎吾(現巨人)の4人で切磋琢磨し、新人のころから夜までよく練習していた。1年先輩の西川が夜中までマシンを打ち込むような選手で、彼の姿勢は近藤にとってよいお手本になったと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    囁かれる「菅首相退陣」シナリオ 二階幹事長が見捨てる時

  5. 5

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  6. 6

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  7. 7

    元小結・白馬毅さんに10年前の“八百長”疑惑を改めて聞いた

  8. 8

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

  9. 9

    リバプール南野いよいよ戦力外か…現地メディアも「近い」

  10. 10

    大谷翔平4年目の年俸は? “調停勝ち目なし”とシビアな評価

もっと見る