4割に最も近い男の秘密 日ハム近藤健介と大谷翔平の共通項

公開日:

 前人未到の4割打者への夢を抱かせる。

 日本ハムの近藤健介(24)が24日のオリックス戦で3安打の固め打ち。打率・400ちょうどと、大台に乗せた。右に左に打ち分け、単打あり長打あり。1打席目から安打、二塁打、三塁打と順番にきて、サイクル安打は逃したが、ここまで19四球と出塁率・533もリーグトップ。選球眼の良さも高打率に一役買っている。

 昨季は腰のヘルニア手術の影響で57試合出場にとどまるも、打率・413をマーク。最も4割に近い男といえる。

 そんな近藤はルーキーイヤーから、球団内で高く評価されていた。

「近藤は、同じ高卒で入った上沢直之、松本剛、石川慎吾(現巨人)の4人で切磋琢磨し、新人のころから夜までよく練習していた。1年先輩の西川が夜中までマシンを打ち込むような選手で、彼の姿勢は近藤にとってよいお手本になったと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

もっと見る