交流戦で最高勝率 ヤクルト中継ぎ奮闘の裏にコーチの提案

公開日:

 交流戦最高勝率となったヤクルト。「中継ぎがなんとか粘ってくれている」と小川監督が言うように、目立ったのはリリーフ陣だ。

 開幕後、今季からヤクルトに加入した田畑投手コーチは投手陣にこんな提案をしたという。

「(試合前の)練習後、軽めでいいから自分が課題にしている球種を投げてからあがろう」

 課題の球種は風張蓮(25)ならシュートとフォーク、近藤一樹(34)と石山泰稚(29)ならフォーク。守護神の石山は交流戦で10試合に登板してトップタイとなる7セーブを挙げた。その石山が言う。

「田畑さんが『軽めで、5割以下の力でもいいからやってみようか』と。僕の場合はフォークに力みが出てしまうことがあったので、その修正を目的にやっています。続けるうちにフォークが浮かなくなってきた。ホームでもビジターでも、練習が終わったらブルペンに入って、自分の調子を見ながら投げます。球数は日によってマチマチ。疲れが出ているときは入らないときもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る