交流戦で最高勝率 ヤクルト中継ぎ奮闘の裏にコーチの提案

公開日: 更新日:

 交流戦最高勝率となったヤクルト。「中継ぎがなんとか粘ってくれている」と小川監督が言うように、目立ったのはリリーフ陣だ。

 開幕後、今季からヤクルトに加入した田畑投手コーチは投手陣にこんな提案をしたという。

「(試合前の)練習後、軽めでいいから自分が課題にしている球種を投げてからあがろう」

 課題の球種は風張蓮(25)ならシュートとフォーク、近藤一樹(34)と石山泰稚(29)ならフォーク。守護神の石山は交流戦で10試合に登板してトップタイとなる7セーブを挙げた。その石山が言う。

「田畑さんが『軽めで、5割以下の力でもいいからやってみようか』と。僕の場合はフォークに力みが出てしまうことがあったので、その修正を目的にやっています。続けるうちにフォークが浮かなくなってきた。ホームでもビジターでも、練習が終わったらブルペンに入って、自分の調子を見ながら投げます。球数は日によってマチマチ。疲れが出ているときは入らないときもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

  2. 2

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  3. 3

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  4. 4

    安倍政権にGDPカサ上げ疑惑 600兆円達成へ統計38件イジる

  5. 5

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  6. 6

    ローン嫌いは意外に多い 現金主義のメリットと得するコツ

  7. 7

    3月の侍J入りも辞退 巨人に“丸効果”ジワリで指揮官も賛辞

  8. 8

    銀行口座は3つを使い分け 7年で1000万円貯めた主婦の凄腕

  9. 9

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  10. 10

    常盤貴子「グッドワイフ」も評判 “ネオ美熟女”はなぜ人気

もっと見る