• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

交流戦で最高勝率 ヤクルト中継ぎ奮闘の裏にコーチの提案

 交流戦最高勝率となったヤクルト。「中継ぎがなんとか粘ってくれている」と小川監督が言うように、目立ったのはリリーフ陣だ。

 開幕後、今季からヤクルトに加入した田畑投手コーチは投手陣にこんな提案をしたという。

「(試合前の)練習後、軽めでいいから自分が課題にしている球種を投げてからあがろう」

 課題の球種は風張蓮(25)ならシュートとフォーク、近藤一樹(34)と石山泰稚(29)ならフォーク。守護神の石山は交流戦で10試合に登板してトップタイとなる7セーブを挙げた。その石山が言う。

「田畑さんが『軽めで、5割以下の力でもいいからやってみようか』と。僕の場合はフォークに力みが出てしまうことがあったので、その修正を目的にやっています。続けるうちにフォークが浮かなくなってきた。ホームでもビジターでも、練習が終わったらブルペンに入って、自分の調子を見ながら投げます。球数は日によってマチマチ。疲れが出ているときは入らないときもあります」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    石破氏に総裁選勝算あり 地方票を4割取れば安倍首相マッ青

  2. 2

    金足農・吉田輝星を蝕む「登板過多」評論家も将来を危惧

  3. 3

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  4. 4

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  5. 5

    生き残るのは? 主演の前田敦子と脇役で力つける大島優子

  6. 6

    幼児教育無償化のウラに…安倍政権の意地悪な“分断政策”が

  7. 7

    前田敦子とスピード婚も…周囲が懸念する勝地涼の女グセ

  8. 8

    スーパーボランティア尾畠氏 東京五輪で“政治利用”の懸念

  9. 9

    鈴木保奈美は月9復帰 フジテレビ秋改編で泣く人笑う人

  10. 10

    “ハイサイ、グスヨー、チューウカナビラ”は沖縄の強い意志

もっと見る