ソフトB柳田が手負いの2本塁打…今から酷使して大丈夫か

公開日: 更新日:

「久しぶりに勝ってホッとしています」

 ソフトバンク柳田が10日の中日戦で2打席連続本塁打を放ち、勝利に貢献。連敗を4で止めた。

 柳田は8日に右太もも裏を痛め、全力疾走ができない状態だという。このカードはセの主催試合で指名打者は使えず、2試合続けて中堅より負担が軽い左翼を守り、この日は八回の守備から交代した。工藤監督は「少しでも休ませたい」としつつ、「この結果はありがたい」と最敬礼だったが、手放しでは喜べないだろう。

 昨季日本一チームも、今季は開幕から勝率5割付近をウロウロ。戦力は他球団を圧倒しているように見えて、その実、主力連中が軒並み不振に陥っている。

 野手では内川が右膝痛などでリタイアし、打率.226、3本塁打、13打点。今宮(.215、3本塁打、12打点)、松田(.221、13本塁打、34打点)、デスパイネ(.226、12本塁打、32打点)らも精彩を欠いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  2. 2

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  3. 3

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

  4. 4

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  5. 5

    安倍政権がシッポ切り JOC竹田会長を待つ仏当局の本格捜査

  6. 6

    枯れるには全然早い…70歳から人生を楽しく過ごせる理由

  7. 7

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  8. 8

    大阪市西成区あいりん地区 唐突すぎる“中華街構想”の行方

  9. 9

    男女の意識差は歴然…シニアは“プチ別居”婚がうまくいく

  10. 10

    韓国が騒然…空軍基地「ミサイル誤射事故」の衝撃と波紋

もっと見る