• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

最速1億円の鈴木愛もかすむ 畑岡奈紗“公約”実現のプロ根性

 まさに有言実行だ。

 畑岡奈紗(19)は先週の米女子ツアー「アーカンソー選手権」で、初優勝を果たした。日本勢の優勝は10人目だが、19歳5カ月は最年少。通算21アンダーも大会記録だった。畑岡はプロ転向を発表した2016年10月に「2年以内に米ツアー優勝、5年以内にメジャー優勝したい」と語り、1つ目の目標を達成した。今週の全米女子プロ選手権「KPMG女子PGA選手権」(米・イリノイ州ケンパーレイクスGC)で、2つ目の“公約”実現に挑む。

■鈴木愛は今週の全米女子プロ欠場

 その大会に出場権(世界ランク30位以内)を持ちながら欠場するのが鈴木愛(24)だ。今季は海外のメジャーに2回出場し、ANAインスピーレーション最下位(76位)、全米女子オープンは2年連続の予選落ち。不甲斐ない成績のせいもあるのか、「(海外試合から)帰国したときの疲労度がかなりある」と言い、今週の米国遠征は辞退した。今季の鈴木は国内ではめっぽう強い。4月のKTT杯バンテリン女子の20位タイ以外は、優勝4回、2位3回、3位3回。昨年は国内29試合で約1億4012万円を稼ぎ出した賞金女王は今年、国内11試合目ですでに獲得賞金が1億円を突破(1億595万5000円)。これは16年のイ・ボミの14試合目を抜いて史上最速。15年のイ・ボミが手にした史上最高額の約2億3049万円を抜く勢いだ。旬の女子プロの海外メジャー3戦目の戦いを楽しみにしていたファンは多いはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    忖度が世代交代の妨げに…日本が4年後W杯で払う大きなツケ

  10. 10

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

もっと見る