最速1億円の鈴木愛もかすむ 畑岡奈紗“公約”実現のプロ根性

公開日: 更新日:

 まさに有言実行だ。

 畑岡奈紗(19)は先週の米女子ツアー「アーカンソー選手権」で、初優勝を果たした。日本勢の優勝は10人目だが、19歳5カ月は最年少。通算21アンダーも大会記録だった。畑岡はプロ転向を発表した2016年10月に「2年以内に米ツアー優勝、5年以内にメジャー優勝したい」と語り、1つ目の目標を達成した。今週の全米女子プロ選手権「KPMG女子PGA選手権」(米・イリノイ州ケンパーレイクスGC)で、2つ目の“公約”実現に挑む。

鈴木愛は今週の全米女子プロ欠場

 その大会に出場権(世界ランク30位以内)を持ちながら欠場するのが鈴木愛(24)だ。今季は海外のメジャーに2回出場し、ANAインスピーレーション最下位(76位)、全米女子オープンは2年連続の予選落ち。不甲斐ない成績のせいもあるのか、「(海外試合から)帰国したときの疲労度がかなりある」と言い、今週の米国遠征は辞退した。今季の鈴木は国内ではめっぽう強い。4月のKTT杯バンテリン女子の20位タイ以外は、優勝4回、2位3回、3位3回。昨年は国内29試合で約1億4012万円を稼ぎ出した賞金女王は今年、国内11試合目ですでに獲得賞金が1億円を突破(1億595万5000円)。これは16年のイ・ボミの14試合目を抜いて史上最速。15年のイ・ボミが手にした史上最高額の約2億3049万円を抜く勢いだ。旬の女子プロの海外メジャー3戦目の戦いを楽しみにしていたファンは多いはずだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  10. 10

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る