鈴木愛と成田美寿々どっちが強い? 直接対決に注目集まる

公開日: 更新日:

【アース・モンダミンカップ】

 男子よりパワーが劣る女子プロでもティーショットにドライバーを持たないホールが多いなど、距離が短い接待コースで開催された今大会は連日好スコアが続出した。

 2日目から首位に立つ成田美寿々(25)は5バーディー、ノーボギーの67をマーク。通算17アンダーまで伸ばして楽々と逃げ切り今季2勝目、ツアー通算10勝目を挙げた。

 また5位発進の鈴木愛(24)は、上がり3連続を含む6バーディー、ノーボギーの66で回り単独2位フィニッシュ。今季は国内11試合に出場してトップ3を逃したのは1試合だけと抜群の安定感を発揮している。

 これで賞金ランクは最速で1億円を突破した鈴木が首位の座をキープし、優勝賞金3240万円を手にした成田がランク5位から2位へ浮上した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る