片山問題は一体どうなっている? もうすぐ1カ月も続報なし

公開日: 更新日:

【ダンロップ・スリクソン福島オープン】

 初出場の全米オープンでは通算19オーバー、予選落ちとこてんぱんに打ちのめされた秋吉翔太(27)が、日本ツアーに戻って通算20アンダーで今季2勝目を挙げた。

「全米オープンでいろんな選手のアプローチ練習を見て、自分でも研究をした。向こうで習得したアプローチがうまくいって優勝できた」(秋吉)

 タフなメジャーで経験を積むことでプロは成長することがよくわかる。

 3週間ぶりの男子ツアー再開だったが、肝心の問題はくすぶったままだ。

 5月30日の日本ゴルフツアー選手権のプロアマ戦で起きた片山晋呉の招待客に不愉快な思いをさせた“事件”だ。

 6月6日にJGTO(日本ゴルフツアー機構)青木功会長名での発表リリースでは「本件の経緯及び内容、さらに弊機構の事前指導や事後対応の問題点等を調査し、おおむね2週間程度でその結果を公表いたします」とあったが、24日現在、何の発表もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  2. 2

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  3. 3

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  4. 4

    甥っ子がフジテレビ退社 囁かれる“安倍引退”のタイミング

  5. 5

    「鬼滅の刃」実写化なら炭治郎は誰が? 浮上する6人の俳優

  6. 6

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  7. 7

    “奇跡の61歳”宮崎美子 カレンダー予約殺到で「鬼滅」超え

  8. 8

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  9. 9

    嵐・二宮和也に訪れた倦怠期の兆し…“帰宅拒否症”疑惑も

  10. 10

    162km阪神藤浪にサイドスロー転向案が再浮上していた仰天

もっと見る