• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

片山問題は一体どうなっている? もうすぐ1カ月も続報なし

【ダンロップ・スリクソン福島オープン】

 初出場の全米オープンでは通算19オーバー、予選落ちとこてんぱんに打ちのめされた秋吉翔太(27)が、日本ツアーに戻って通算20アンダーで今季2勝目を挙げた。

「全米オープンでいろんな選手のアプローチ練習を見て、自分でも研究をした。向こうで習得したアプローチがうまくいって優勝できた」(秋吉)

 タフなメジャーで経験を積むことでプロは成長することがよくわかる。

 3週間ぶりの男子ツアー再開だったが、肝心の問題はくすぶったままだ。

 5月30日の日本ゴルフツアー選手権のプロアマ戦で起きた片山晋呉の招待客に不愉快な思いをさせた“事件”だ。

 6月6日にJGTO(日本ゴルフツアー機構)青木功会長名での発表リリースでは「本件の経緯及び内容、さらに弊機構の事前指導や事後対応の問題点等を調査し、おおむね2週間程度でその結果を公表いたします」とあったが、24日現在、何の発表もない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る