藍結婚で祝福ムードも…30代現役女子プロに独身が多いワケ

公開日:

【アース・モンダミンカップ】

 今大会初日(21日)に宮里藍(33)が自身のブログで結婚を発表した。

 ツアー会場は祝福ムードに包まれているが、藍は10年以上もマネジャーと交際しながら、現役時代には結婚へ踏み切れなかった。

 今週出場している現役女子プロで結婚しているのは、アン・ソンジュ(30)、テレサ・ルー(30)、青山加織(32)、若林舞衣子(30)、藤田さいき(32)、下川めぐみ(35)とごくわずかだ。

 30歳を過ぎても結婚していない女子プロは多い。

「異性と出会う機会が本当に少ない」とある女子プロがこう解説する。

「藍ちゃんはマネジャーだったし、横峯さくらだってメンタルトレーナーと、結局身近な男性と一緒になっている。キャディーと結婚した女子プロも多い。女子プロは年がら年中、全国各地のツアー会場を飛び回っており、オフは12月にスポンサーへのあいさつ回りに忙しく、1月に入ると開幕に向けてオフ合宿とゴルフ漬けの毎日です。出会う異性といえばキャディーか、メーカーやマネジメント会社のスタッフぐらい。大会前夜祭のパーティーは企業トップばかりで年齢が違う。ゴルフに夢中になって気付いたら30歳過ぎて、とうに婚期を逃していたというケースがほとんどですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る