香川真司と因縁 ベルギー決勝弾FWヤヌザイに“覚醒”の兆し

公開日:  更新日:

 香川との因縁対決が見られるかもしれない。

 ともにここまで2勝を挙げて決勝トーナメント進出を決めていたベルギーとイングランド。両チームとも主力を温存して先発メンバー9人を入れ替えて臨んだ試合は、ベルギーがFWヤヌザイ(23=Rソシエダード)のゴールで勝利した。

 0―0で迎えた後半6分、中央からのパスをペナルティーエリアの右角で受けると、詰めてきた相手DFをフェイントでかわして素早く左足を一閃。カーブのかかったボールをゴール左に突き刺した。

 結局、そのままベルギーが逃げ切り、G組1位通過が決定。決勝トーナメント1回戦で日本と対戦する。

 勝利の立役者となったヤヌザイは、香川との因縁が深い。16歳の時に英プレミアリーグのトップクラブであるマンチェスターUに加入。18歳で初めてスタメン起用された試合で2ゴールを挙げる衝撃的な活躍を見せ、一躍、若手スター候補に躍り出た。当時、同クラブに所属していた香川とポジションを争う形になり、結局、香川は古巣の独ブンデスリーガ・ドルトムントに出戻った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  7. 7

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  8. 8

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  9. 9

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  10. 10

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

もっと見る