• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

W杯前に「恩師の元へ」発言 本田の欧州復帰は可能なのか

 W杯終了後、欧州のビッグクラブへの復帰をもくろんでいるのが本田圭佑(32=パチューカ)だ。

 しかも、欧州CL常連クラブの多い5大リーグ(スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア、フランス)への移籍を狙っているといわれる。

 日本時間19日の対コロンビア戦では、コーナーキックで大迫の決勝点をアシスト。25日の対セネガル戦では、値千金の同点弾も放った。日本人初の3大会連続得点とアシストをマークして存在感をアピールしたが、果たして強豪チームへの移籍は可能なのか。

「本田は、16―17年シーズンを最後にミランを戦力外として退団した時点で欧州5大リーグの移籍リストから漏れた選手という位置付けです」と、ロシアで取材中の元ワールドサッカーグラフィック編集長の中山淳氏がこう言った。

「確かにここまで2試合で1ゴール・1アシストという結果を残しましたが、それは<あくまで日本代表として残した数字>に過ぎず、欧州の移籍マーケットでプラス材料になるわけではありません。セネガル戦でのゴールシーン以外の本田はスピードに欠け、ボールを失う機会も多かった。先発フル出場の選手ではなく、しょせんは32歳の控え選手に過ぎない――とシビアに査定されます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  6. 6

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る